鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Michalina Olszańska&"Já, Olga Hepnarová"/私、オルガ・ヘプナロヴァはお前たちに死刑を宣告する

オルガ・ヘプナロヴァという名前を聞いてピンと来る人間は、殺人鬼マニア以外にそうは居ないだろう。1973年彼女はチェコの首都であるプラハの中心地で、路面電車を待っていた人々の列へとトラックで突っ込んだのだ。この事故によって12人が負傷、8人が死亡、ヘプナロヴァは死刑を宣告され、チェコで最後に死刑に処された女性となる。さて、今回紹介するのはこのオルガ・ヘプナロヴァが大量殺人鬼へと変貌するまでを描き出す"Já, Olga Hepnarová"と、ヘプナロヴァを渾身の意気で以て演じた俳優Michalina Olszańskaを紹介していこう。

1970年代プラハ、オルガ(Michalina Olszańska)は深い暗黒の中にあった。彼女は10代の頃から自殺を繰り返し精神病院と家を行き来しており、心は絶えず不安定な状態にあった。それでも医師である母(Klára Melísková)から、自分を窒息させる家からオルガは逃げ出し、独り暮らしを始めると共にとある会社でお抱えの運転手として働くこととなる。それでも運命の日は刻一刻と近づき始めていた。

オルガの見る世界は無機質で冷たい白と黒によって染められている。撮影監督のAdam Sikoraが描き出すモノクロの世界は、つまりオルガの心に広がる精神の荒野だ。家族とまともな関係を築くことが出来ず、職場の人間とも仲良くはなれない。そればかりか他人に自分の行動の数々を咎められ見くびられ、彼女の中の憎しみは増幅を遂げていく。そして世界もまたその硬質な影を色濃くしていく。

そんな中でオルガが職場で出会うのはイツカ(Marika Soposká)という同世代の女性だ。彼女は親しげに自分を食事に誘い、夜には共にディスコへと赴くこととなる。鼓膜を弾ませる響きは彼女の心臓の鼓動と重なりあい、オルガは自分がイツカに惹かれていることに気づく。思いは呆気ないほど容易く受け入れられ、ビートの中で2人は官能的な時間を過ごし、程なく肌を重ね合わせるようになる。その時初めて無表情だったオルガの顔には笑みが浮かび上がる。そうして彼女は初めて心の安寧を得るのだ。

しかし監督であるPetr KazdaTomás Weinrebはこの出来事をオルガの崩壊の序曲として描き出す。レズビアンであることによって社会から受ける圧力以上に、彼女は自分が他者と深い関係を築けないという事実に苦しむ。イツカは他に恋人がおり、オルガは彼女の移り気な心に翻弄された末に、初めての愛をボロボロに引き裂かれる。その後も彼女は何人かの女性たちと肌を重ね合わせるが、彼女たちの奥底に入っていけることはない。そしてオルガは日記にこう記す、“私たちは他者を理解することなど出来ない、夫にしろ妻にしろ、親にしろ子供にしろ”

物語はそんなオルガの崩壊を、意図的に起伏を排除したような淡々さによって描き出す。編集は場面場面を無数の断片として提示していくような荒涼たる有り様を呈している。その断絶は撮影と同じくやはりオルガの心象風景を観客に追体験させるような物になっているが、興奮も悲哀も取り除かれているにしろ、否応なく運命の時は近づき始めている。そこに観客は塞き止められない時間の残酷さを抱くこととなるだろう。

今作の核となるのはオルガを演じるMichalina Olszańskaに他ならない。少しプロフィールを説明しよう。彼女は1992年ワルシャワ生まれの実はポーランド人(今作のロケ地もポーランド、劇中音声は吹替えという)で、両親とも俳優であったが、それが原因で子供時代はかなり辛い物となっていたらしい。しかし彼女もまた両親の跡を追って俳優となりワルシャワ、二つの顔を持つ男」「リベリオン ワルシャワ大攻防戦」や今年話題となったポーランド産人魚ホラーコメディ“Córki dancingu”にも出演を果たすなどしている。陰鬱で重苦しい鎧のような黒髪、憎悪で淀んだ瞳、社会という名の圧力に耐えかねているような猫背、満たされない愛に断末魔の声を上げる痩身、感情を刈り取られた空虚な響きを伴う声、息が詰まるほどクソッタレな日常を乗り越えるために吸う異常な量の煙草、彼女が纏うその全てが純粋なる孤独へと奉仕する様は、正に彼女がオルガ・ヘプナロヴァという人物を演じるために生まれたという証明に他ならない。

自分をこの世に産み落とした家族への憎しみ、愛が満たされることのない故の苦しみ、様々な要素が絡み合った末に、練り上げられた負の感情は世界そのものへと矛先を向けることとなる。そして彼女は最後にとある手紙を記す。”私は孤独な人間、破壊された者、人々によって打ち砕かれた女。選択肢は自分を殺すか、他者を殺すか。だから私に憎しみを向ける者たちに復讐することを選ぶ。誰にも知られず自殺してこの世を去るのは簡単すぎる、社会は余りに無関心に過ぎる、そういうことだ。私、オルガ・ヘプナロヴァは残忍性の犠牲者として、お前たちに死刑を宣告する”

“Já, Olga Hepnarová”はそして大量殺人鬼となった一人の女性の心へと潜行していく。終盤においてカメラはオルガの顔を真正面から見据え続ける。世界への憎しみをギラつかせる鋭い眼差し、それとは逆に自分が犯した罪に年相応の動揺を露にした涙の眼。二つの間を行き交いながら、物語は私たちに思考を促す。彼女の行為は到底許されるものではない、彼女は自殺する勇気の欠如から死刑を見込んで犯行に及んだものとすら思える、その意味では余りに卑劣だ。それでいて彼女が奥底に抱えていた物を、私たちが抱えていないとは言えない。この世に生まれたことの苦悶、社会に対する憎悪、肥大する被害者意識、そして圧倒的な孤独。その数々がOlszańskaの肉体によって圧倒的な強度を持つことで、“Já, Olga Hepnarová”は観る者の心にドス黒い傷を刻み込む。

参考文献
http://www.theupcoming.co.uk/2016/11/12/i-olga-an-interview-with-actress-michalina-olszanska-and-director-tomas-weinreb/(インタビューその1)
https://i-d.vice.com/en_gb/article/the-true-story-of-a-young-female-mass-murderer-in-70s-prague?utm_source=idtwitter(インタビューその2)

私の好きな監督・俳優シリーズ
その151 クレベール・メンドーサ・フィーリョ&「ネイバリング・サウンズ」/ブラジル、見えない恐怖が鼓膜を震わす
その152 Tali Shalom Ezer&"Princess"/ママと彼女の愛する人、私と私に似た少年
その153 Katrin Gebbe&"Tore Tanzt"/信仰を盾として悪しきを超克せよ
その154 Chloé Zhao&"Songs My Brothers Taught Me"/私たちも、この国に生きている
その155 Jazmín López&"Leones"/アルゼンチン、魂の群れは緑の聖域をさまよう
その156 Noah Buschel&"Bringing Rain"/米インディー映画界、孤高の禅僧
その157 Noah Buschel&"Neal Cassady"/ビート・ジェネレーションの栄光と挫折
その158 トゥドール・クリスチャン・ジュルギウ&「日本からの贈り物」/父と息子、ルーマニアと日本
その159 Noah Buschel&"The Missing Person"/彼らは9月11日の影に消え
その160 クリスティ・プイウ&"Marfa şi Banii"/ルーマニアの新たなる波、その起源
その161 ラドゥー・ムンテアン&"Hîrtia va fi albastrã"/革命前夜、闇の中で踏み躙られる者たち
その162 Noah Buschel&"Sparrows Dance"/引きこもってるのは気がラクだけれど……
その163 Betzabé García&"Los reyes del pueblo que no existe"/水と恐怖に沈みゆく町で、生きていく
その164 ポン・フェイ&"地下香"/聳え立つビルの群れ、人々は地下に埋もれ
その165 アリス・ウィノクール&「ラスト・ボディガード」/肉体と精神、暴力と幻影
その166 アリアーヌ・ラベド&「フィデリオ、あるいはアリスのオデッセイ」/彼女の心は波にたゆたう
その167 Clément Cogitore&"Ni le ciel ni la terre"/そこは空でもなく、大地でもなく
その168 Maya Kosa&"Rio Corgo"/ポルトガル、老いは全てを奪うとしても
その169 Kiro Russo&"Viejo Calavera"/ボリビア、黒鉄色の絶望の奥へ
その170 Alex Santiago Pérez&"Las vacas con gafas"/プエルトリコ、人生は黄昏から夜へと
その171 Lina Rodríguez&"Mañana a esta hora"/明日の喜び、明日の悲しみ
その172 Eduardo Williams&"Pude ver un puma"/世界の終りに世界の果てへと
その173 Nele Wohlatz&"El futuro perfecto"/新しい言葉を知る、新しい"私"と出会う
その174 アレックス・ロス・ペリー&"Impolex"/目的もなく、不発弾の人生
その175 マリアリー・リバス&「ダニエラ 17歳の本能」/イエス様でもありあまる愛は奪えない
その176 Lendita Zeqiraj&"Ballkoni"/コソボ、スーパーマンなんかどこにもいない!
その177 ドミンガ・ソトマヨール&"Mar"/繋がりをズルズルと引きずりながら
その178 Ron Morales&"Graceland"/フィリピン、誰もが灰色に染まる地で
その179 Alessandro Aronadio&"Orecchie"/イタリア、このイヤミなまでに不条理な人生!
その180 Ronny Trocker&"Die Einsiedler"/アルプス、孤独は全てを呑み込んでゆく
その181 Jorge Thielen Armand&"La Soledad"/ベネズエラ、失われた記憶を追い求めて
その182 Sofía Brockenshire&"Una hermana"/あなたがいない、私も消え去りたい
その183 Krzysztof Skonieczny&"Hardkor Disko"/ポーランド、研ぎ澄まされた殺意の神話
その184 ナ・ホンジン&"哭聲"/この地獄で、我が骨と肉を信じよ
その185 ジェシカ・ウッドワース&"King of the Belgians"/ベルギー国王のバルカン半島珍道中
その186 Fien Troch&"Home"/親という名の他人、子という名の他人
その187 Alessandro Comodin&"I tempi felici verranno presto"/陽光の中、世界は静かに姿を変える
その188 João Nicolau&"John From"/リスボン、気だるさが夏に魔法をかけていく
その189 アルベルト・セラ&"La Mort de Louis XIV"/死は惨めなり、死は不条理なり
その190 Rachel Lang&"Pour toi je ferai bataille"/アナという名の人生の軌跡
その191 Argyris Papadimitropoulos&"Suntan"/アンタ、ペニスついてんの?まだ勃起すんの?
その192 Sébastien Laudenbach&"La jeune fille sans mains"/昔々の、手のない娘の物語
その193 ジム・ホスキング&"The Greasy Strangler"/戦慄!脂ギトギト首絞め野郎の襲来!
その194 ミリャナ・カラノヴィッチ&"Dobra žena"/セルビア、老いていくこの体を抱きしめる
その195 Natalia Almada&"Todo lo demás"/孤独を あなたを わたしを慈しむこと
その196 ナヌーク・レオポルド&"Boven is het stil"/肉体も愛も静寂の中で老いていく
その197 クレベール・メンドンサ・フィリオ&「アクエリアス」/あの暖かな記憶と、この老いゆく身体と共に
その198 Rachel Lang&"Baden Baden"/26歳、人生のスタートラインに立つ
その199 ハナ・ユシッチ&「私に構わないで」/みんな嫌い だけど好きで やっぱり嫌い
その200 アドリアン・シタル&「フィクサー」/真実と痛み、倫理の一線
その201 Yared Zeleke&"Lamb"/エチオピア、男らしさじゃなく自分らしさのために
その202 João Viana&"A batalha de Tabatô"/ギニアビサウ、奪われた故郷への帰還
その203 Sithasolwazi Kentane&"Woman Undressed"/ Black African Female Me
その204 Victor Viyuoh&"Ninah's Dowry"/カメルーン、流れる涙と大いなる怒り
その205 Tobias Nölle&"Aloys"/私たちを動かす全ては、頭の中にだけあるの?
その206