鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Cyril Schäublin&"Dene wos guet geit"/Wi-Fi スマートフォン ディストピア

最近は余り聞かれなくなったが、日本で一時期"オレオレ詐欺"という奴が流行った。電話口で孫を騙ってお爺ちゃんお婆ちゃんからお金をせびるあの詐欺である。今回紹介するCyril Schäublin監督作"Dene wos guet geit"は外国にも同じような詐欺があるのだなと思わされる作品なのだが、その驚きが全く別の驚きへと変貌していく異様な作品でもある。

この物語の主人公となるのは20代の女性アリス(Sarah Stauffer)、彼女はコールセンターで延々と営業の電話をかける日々を送っていた。だがそんなアリスには1つの秘密がある。仕事を終えた後、彼女は見も知らぬ老人たちの元へ電話をかけ、自分は孫だと嘘をつき金を盗み出す、いわゆる"オレオレ詐欺"を働いていたのだ。詐欺が何度か成功し金が彼女の元に集まってくる頃、しかし警察が事件を嗅ぎつけ、とある2人の刑事(Nikolai Bosshardt&Fidel Morf)がそれを捜査することとなる。被害者たちやその実の孫、銀行員などに話を聞くうち、彼らは徐々に核心へと近づいていくこととなる。

この粗筋からすると"Dene wos guet geit"は一種の犯罪劇だと思う方も多いかもしれない。だがその予想は大きく外されることになると、私たちは序盤で分かる筈だ。コールセンターで仕事をこなし続けるアリスたち、その顔には濃厚な影がかかり、観る者に不安を覚えさせる。そして被害者の1人が銀行へと赴く姿、物語は彼女の受付での問答を厭味なまでに引きも切らず描き出す。犯罪劇としては余りに均衡を欠いた語りが、しかしこの物語においては重要なのだ。

劇中、登場人物たちは何かを誰かと喋り続ける。その一例として挙げるべきは金についての話題だ。コールセンターでアリスは生命保険を売りつけ、インターネット会社の値引きについて語る。刑事たちもまた何処何処の携帯はヨーロッパ中への通話が無料になるなど車の中で喋る。延々と繰り返される金の話は、聞く者の頭蓋に粘ついた音を響かせていく。この粘つきがアリスを詐欺へと駆り立てたとでもいうように。

そしてもう1つの話題で際立つのが通信についてだ。前述した携帯やインターネットについての会話は勿論のこと、今作ではWifiのパスワードを尋ねる会話が幾度となく反復される。それを反映したかのように刑事たちから名もなき脇役に至るまで、誰もがスマートフォンの画面に視線を落としているのだ。少し前"El auge del humano"の記事において、タオ・リンという小説家がスマホに視線を乗っ取られた人々を"うつむき世代(Facedown Generation)"と皮肉ったが、今作に登場する人々も正にそれだ。その姿はスマートフォンによって視線を管理されているという印象を私たちに与える。

このように今作において顕著なのが、特にテクノロジーによる人間たちの分断と管理の光景だ。管理されているのは視線に限らない。例えば公園を散策するにも人々は機械に指紋認証を求められ、道を歩いているだけでIDカードを求められる。そしてそれと同時に監督はチューリッヒの街並みに溢れる武装警官たちをも見つめる。黒を身にまといながら通りに立ち、人々を次々と検査していく姿は余りにも異様だ(そんな彼らもスマホによって視線を管理されている)こうして社会によって人々が管理されている状況が日常に深く根ざしてしまっていると、そんな現在を本作は強く見据えているのだ。

この監督の洞察を力強いものに変えるのが、Silvan Hillmannによる撮影だ。彼の眼はまるで監視カメラのように風景や登場人物を見据えるのだが、ここには彼独自の凍てついた美学がある。Hillmannは画面の端に人物を小さく配置した以外は、壁や道路などの無機物によって画面を覆い尽くす。そしてカメラは微動すらさせず、人物と無機物が異様なバランスで浮かび上がる風景を静かに焼きつけ続ける。そこには動物的な熱が宿ることはなく、ただ無機質な冷やかさだけが存在する。こうして監督とHillmanは現代のチューリッヒを不気味な管理社会へと変えてしまうのだ。

終盤、アリスとある人物が歩道で会話を繰り広げる場面がある。Hillmannの監視カメラ的眼差しは上述したフレーミングで以て彼らの姿を捉えていくが、そこで目を引くのは道路を走る車の群れだ。2列になった道路を同じような風体をした黒い車たち、そして同じような風体をした白い車たちが延々とアリスたちを横切っていく。これがただただ繰り返される情景に観客はゾッとする感覚を覚えることになるかもしれない。"Dene wos guet geit"の核となる感覚は正にその感覚だ。それこそが今作の提示する現代という名のディストピアなのだ。

私の好きな監督・俳優シリーズ
その201 Yared Zeleke&"Lamb"/エチオピア、男らしさじゃなく自分らしさのために
その202 João Viana&"A batalha de Tabatô"/ギニアビサウ、奪われた故郷への帰還
その203 Sithasolwazi Kentane&"Woman Undressed"/ Black African Female Me
その204 Victor Viyuoh&"Ninah's Dowry"/カメルーン、流れる涙と大いなる怒り
その205 Tobias Nölle&"Aloys"/私たちを動かす全ては、頭の中にだけあるの?
その206 Michalina Olszańska&"Já, Olga Hepnarová"/私、オルガ・ヘプナロヴァはお前たちに死刑を宣告する
その207 Agnieszka Smoczynska&"Córki dancingu"/人魚たちは極彩色の愛を泳ぐ
その208 Rosemary Myers&"Girl Asleep"/15歳、吐き気と不安の思春期ファンタジー!
その209 Nanfu Wang&"Hooligan Sparrow"/カメラ、沈黙を切り裂く力
その210 Massoud Bakhshi&"Yek khanévadéh-e mohtaram"/革命と戦争、あの頃失われた何か
その211 Juni Shanaj&"Pharmakon"/アルバニア、誕生の後の救いがたき孤独
その212 済藤鉄腸オリジナル、2010年代注目の映画監督ベスト100!!!!!
その213 アレクサンドラ・ニエンチク&"Centaur"/ボスニア、永遠のごとく引き伸ばされた苦痛
その214 フィリップ・ルザージュ&「僕のまわりにいる悪魔」/悪魔たち、密やかな蠢き
その215 ジョアン・サラヴィザ&"Montanha"/全てはいつの間にか過ぎ去り
その216 Tizza Covi&"Mister Universo"/イタリア、奇跡の男を探し求めて
その217 Sofia Exarchou&"Park"/アテネ、オリンピックが一体何を残した?
その218 ダミアン・マニヴェル&"Le Parc"/愛が枯れ果て、闇が訪れる
その219 カエル・エルス&「サマー・フィーリング」/彼女の死の先にも、人生は続いている
その220 Kazik Radwanski&"How Heavy This Hammer"/カナダ映画界の毛穴に迫れ!
その221 Vladimir Durán&"Adiós entusiasmo"/コロンビア、親子っていうのは何ともかんとも
その222 Paul Negoescu&"O lună în Thailandă"/今の幸せと、ありえたかもしれない幸せと
その223 Anatol Durbală&"Ce lume minunată"/モルドバ、踏み躙られる若き命たち
その224 Jang Woo-jin&"Autumn, Autumn"/でも、幸せって一体どんなだっただろう?
その225 Jérôme Reybaud&"Jours de France"/われらがGrindr世代のフランスよ
その226 Sebastian Mihăilescu&"Apartament interbelic, în zona superbă, ultra-centrală"/ルーマニアと日本、奇妙な交わり
その227 パス・エンシナ&"Ejercicios de memoria"/パラグアイ、この忌まわしき記憶をどう語ればいい?
その228 アリス・ロウ&"Prevenge"/私の赤ちゃんがクソ共をブチ殺せと囁いてる
その229 マッティ・ドゥ&"Dearest Sister"/ラオス、横たわる富と恐怖の溝
その230 アンゲラ・シャーネレク&"Orly"/流れゆく時に、一瞬の輝きを
その231 スヴェン・タディッケン&「熟れた快楽」/神の消失に、性の荒野へと
その232 Asaph Polonsky&"One Week and a Day"/イスラエル、哀しみと真心のマリファナ
その233 Syllas Tzoumerkas&"A blast"/ギリシャ、激発へと至る怒り
その234 Ektoras Lygizos&"Boy eating the bird's food"/日常という名の奇妙なる身体性
その235 Eloy Domínguez Serén&"Ingen ko på isen"/スウェーデン、僕の生きる場所
その236 Emmanuel Gras&"Makala"/コンゴ、夢のために歩き続けて
その237 ベロニカ・リナス&「ドッグ・レディ」/そして、犬になる
その238 ルクサンドラ・ゼニデ&「テキールの奇跡」/奇跡は這いずる泥の奥から
その239 Milagros Mumenthaler&"La idea de un lago"/湖に揺らめく記憶たちについて
その240 アッティラ・ティル&「ヒットマン:インポッシブル」/ハンガリー、これが僕たちの物語
その241 Vallo Toomla&"Teesklejad"/エストニア、ガラスの奥の虚栄
その242 Ali Abbasi&"Shelly"/この赤ちゃんが、私を殺す
その243 Grigor Lefterov&"Hristo"/ソフィア、薄紫と錆色の街
その244 Bujar Alimani&"Amnestia"/アルバニア、静かなる激動の中で
その245 Livia Ungur&"Hotel Dallas"/ダラスとルーマニアの奇妙な愛憎
その246 Edualdo Williams&"El auge del humano"/うつむく世代の生温き黙示録
その247 Ralitza Petrova&"Godless"/神なき後に、贖罪の歌声を
その248 Ben Young&"Hounds of Love"/オーストラリア、愛のケダモノたち
その249 Izer Aliu&"Hunting Flies"/マケドニア、巻き起こる教室戦争
その250 Ana Urushadze&"Scary Mother"/ジョージア、とある怪物の肖像
その251 Ilian Metev&"3/4"/一緒に過ごす最後の夏のこと