鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

はてなダイアリーのサービスが終了ということで、はてなブログで鉄腸野郎Z-SQUAD!改め鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!へ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。

アンドリュー・バジャルスキー&"Computer Chess"/テクノロジーの気まずい過渡期に

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20180830202044j:plain

 
 
当時の若者世代を象徴していると思われていたジャンル“マンブルコア”、そのゴッドファーザーと言われたアンドリュー・バジャルスキーも、しかし他の皆と同じように大人になるのである。前作“Beeswax”製作後に彼は結婚、息子も生まれ、更には家を所有することにもなった。自身の人生が進展するにつれ、必然的に映画製作においても彼は新たなるフィールドへ足を踏み入れる。そうして生まれた作品こそ、2013年製作のバジャルスキーによる第4長編“Computer Chess”だった。

舞台は1980年、とあるホテルでチェス大会が開催されることとなる。だがそれは人と人が戦う普通のチェスではない。戦うのはコンピューター同士、この大会はそこに搭載されたAI同士がチェスで凌ぎを削る大会であったのだ。そして筋金入りの研究者たちaka筋金入りのオタクたちがコンピューターを抱えて、ホテルの一室に集結する。

観客は一目見ただけで、今作はバジャルスキーの今までの作品とは、というか他の通り一遍のインディー映画とは一線を画するものだというのに気づくはずだ。何と言っても映像が薄ぼんやりとしたビデオ画質の白黒映像なのである。これは70年代のビデオカメラ黎明期に作られたSony AVC3260によって撮影されているのだが(撮影監督はバジャルスキー作品常連のMatthias Grunsky)、それによってまるで1980年当時実際に撮影されながら、長い間埋もれていたが近年発掘され皆の前で放送されているといった風な唯一無二の風格を湛えているのだ。

しかし物語のとりとめのなさにはバジャルスキーの面影が未だに残っている。まずチェス大会のコンファレンスに始まり、AI同士のチェス対戦が幕を開け、熾烈な戦いが繰り広げられるかと思えばコンピューターに不具合が出て棄権なんてのもあり、そしてホテルの部屋が予約されてなかっただとか参加者をめぐるゴタゴタが巻き起こる最中、他の参加者たちはAIと人類を巡る未来に関する哲学的な対話を行うなどなど、様々な光景が浮かんでは消えていく。

映像によってはもちろんのことだが、物語には妙に迫真性のあるリアリティが宿っている。それを支える1つの要素がプロダクションデザイナーMichael Brickerや衣装担当Colin Wilkesによる髪や服装などの美術の作り込みだろう。そしてコンピューター面でもバジャルスキーに抜かりはない。彼はずっと素人俳優を起用してきたが今回も同様で、その上実際にこの分野の知識がある人物を連れてきた訳である。そして脚本はたったの8ページで(完全な脚本を用意しなかったのはバジャルスキー作品史上初めてだという)ほぼアドリブで作品を組み上げていったという。こうして知識に裏打ちされた行動や言葉が、今作のリアリティを底上げしたのだ。

更に今作を魅力的にするのは随所に現れる不思議要素の数々だ。この時代はニューエイジ思想が勃興し始めた時代だが、ホテルにもその思想を啓蒙する団体が滞在しており、折に触れてその儀式がチェス大会の間に挿入されていく。中でも大会の参加者の1人であるマイク・パパジョージ(Myles Paige)は儀式に巻き込まれて新たな世界を見つけ出したり、ホテルを彷徨ううちに奇妙な大群ネコちゃん幻想に遭遇することになる。これは一体何なのか、多分バジャルスキー自身にも分かっていないんじゃないか。

それでも彼の作家性という刻印は確かに今作に存在している。それは人と人との関係性に不可避的に介在する気まずさだ。それを象徴するのがピーター(Patrick Riester)という青年である。彼は分かりやすい言葉で言えば所謂コミュ障であり、典型的にパソコンだけが友人な青年だ。そんな彼が否応なく人と関わるごとに変な空気が流れる訳である。参加者夫婦に3Pに誘われて逃走したり、シェリー(Robin Schwartz)というオタク女子に“人がチェスの駒に見える”と相談されても何も言えずすごすご退散したり……それに釣られて観客の顔に苦笑を浮かばせる技術は正にバジャルスキーお家芸だろう。

人と関係性を構築する際には避けられない気まずさへの洞察、進歩していくテクノロジーへの哲学的な考察、70年代の終わりと80年代の始まりという過渡期を捉えた肖像画、それが組合わさることで“Computer Chess”は見たことのないエキサイティングな怪作と化し、バジャルスキーはマンブルコアという枷から抜け出したと言えるだろう。この奇妙さは一見の価値ありである。
 
 

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20180830202326j:plain

>>
結局マンブルコアって何だったんだ?
その1 アーロン・カッツ&"Dance Party, USA"/レイプカルチャー、USA
その2 ライ・ルッソ=ヤング&"You Wont Miss Me"/23歳の記憶は万華鏡のように
その3 アーロン・カッツ&"Quiet City"/つかの間、オレンジ色のときめきを
その4 ジョー・スワンバーグ&"Silver Bullets"/マンブルコアの重鎮、その全貌を追う!
その5 ケイト・リン・シャイル&"Empire Builder"/米インディー界、後ろ向きの女王
その6 ジョー・スワンバーグ&"Kissing on the Mouth"/私たちの若さはどこへ行くのだろう
その7 ジョー・スワンバーグ&"Marriage Material"/誰かと共に生きていくことのままならさ
その8 ジョー・スワンバーグ&"Nights and Weekends"/さよなら、さよならグレタ・ガーウィグ
その9 ジョー・スワンバーグ&"Alexander the Last"/誰かと生きるのは辛いけど、でも……
その10 ジョー・スワンバーグ&"The Zone"/マンブルコア界の変態王頂上決戦
その11 ジョー・スワンバーグ&"Private Settings"/変態ボーイ meets ド変態ガール
その12 アンドリュー・ブジャルスキー&"Funny Ha Ha"/マンブルコアって、まあ……何かこんなん、うん、だよね
その13 アンドリュー・ブジャルスキー&"Mutual Appreciation"/そしてマンブルコアが幕を開ける
その14 ケンタッカー・オードリー&"Team Picture"/口ごもる若き世代の逃避と不安
その15 アンドリュー・ブジャルスキー&"Beeswax"/次に俺の作品をマンブルコアって言ったらブチ殺すぞ
その16 エイミー・サイメッツ&"Sun Don't Shine"/私はただ人魚のように泳いでいたいだけ
その17 ケンタッカー・オードリー&"Open Five"/メンフィス、アイ・ラブ・ユー
その18 ケンタッカー・オードリー&"Open Five 2"/才能のない奴はインディー映画作るの止めろ!
その19 デュプラス兄弟&"The Puffy Chair"/ボロボロのソファー、ボロボロの3人
その20 マーサ・スティーブンス&"Pilgrim Song"/中年ダメ男は自分探しに山を行く
その21 デュプラス兄弟&"Baghead"/山小屋ホラーで愛憎すったもんだ
その22 ジョー・スワンバーグ&"24 Exposures"/テン年代に蘇る90's底抜け猟奇殺人映画
その23 マンブルコアの黎明に消えた幻 "Four Eyed Monsters"
その24 リチャード・リンクレイター&"ROS"/米インディー界の巨人、マンブルコアに(ちょっと)接近!
その25 リチャード・リンクレイター&"Slacker"/90年代の幕開け、怠け者たちの黙示録
その26 リチャード・リンクレイター&"It’s Impossible to Learn to Plow by Reading Books"/本を読むより映画を1本完成させよう
その27 ネイサン・シルヴァー&「エレナ出口」/善意の居たたまれない行く末
その28 ネイサン・シルヴァー&"Soft in the Head"/食卓は言葉の弾丸飛び交う戦場
その29 ネイサン・シルヴァー&"Uncertain Terms"/アメリカに広がる"水面下の不穏"
その30 ネイサン・シルヴァー&"Stinking Heaven"/90年代の粒子に浮かび上がるカオス
その31 ジョセフィン・デッカー&"Art History"/セックス、繋がりであり断絶であり
その32 ジョセフィン・デッカー&"Butter on the Latch"/森に潜む混沌の夢々
その33 ケント・オズボーン&"Uncle Kent"/友達っていうのは、恋人っていうのは
その34 ジョー・スワンバーグ&"LOL"/繋がり続ける世代を苛む"男らしさ"
その35 リン・シェルトン&"We Go Way Back"/23歳の私、あなたは今どうしてる?
その36 ジョー・スワンバーグ&「ハッピー・クリスマス」/スワンバーグ、新たな可能性に試行錯誤の巻
その37 タイ・ウェスト&"The Roost"/恐怖!コウモリゾンビ、闇からの襲撃!
その38 タイ・ウェスト&"Trigger Man"/狩人たちは暴力の引鉄を引く
その39 アダム・ウィンガード&"Home Sick"/初期衝動、血飛沫と共に大爆裂!
その40 タイ・ウェスト&"The House of the Devil"/再現される80年代、幕を開けるテン年代
その41 ジョー・スワンバーグ&"Caitlin Plays Herself"/私を演じる、抽象画を描く
その42 タイ・ウェスト&「インキーパーズ」/ミレニアル世代の幽霊屋敷探検
その43 アダム・ウィンガード&"Pop Skull"/ポケモンショック、待望の映画化
その44 リン・シェルトン&"My Effortless Brilliance"/2人の男、曖昧な感情の中で
その45 ジョー・スワンバーグ&"Autoerotic"/オナニーにまつわる4つの変態小噺
その46 ジョー・スワンバーグ&"All the Light in the Sky"/過ぎゆく時間の愛おしさについて
その47 ジョー・スワンバーグ&「ドリンキング・バディーズ」/友情と愛情の狭間、曖昧な何か
その48 タイ・ウェスト&「サクラメント 死の楽園」/泡を吹け!マンブルコア大遠足会!
その49 タイ・ウェスト&"In a Valley of Violence"/暴力の谷、蘇る西部
その50 ジョー・スワンバーグ&「ハンナだけど、生きていく!」/マンブルコア、ここに極まれり!
その51 ジョー・スワンバーグ&「新しい夫婦の見つけ方」/人生、そう単純なものなんかじゃない
その52 ソフィア・タカール&"Green"/男たちを求め、男たちから逃れ難く
その53 ローレンス・マイケル・レヴィーン&"Wild Canaries"/ヒップスターのブルックリン探偵物語!
その54 ジョー・スワンバーグ&「ギャンブラー」/欲に負かされ それでも一歩一歩進んで
その55 フランク・V・ロス&"Quietly on By"/ニートと出口の見えない狂気
その56 フランク・V・ロス&"Hohokam"/愛してるから、傷つけあって
その57 フランク・V・ロス&"Present Company"/離れられないまま、傷つけあって
その58 フランク・V・ロス&"Audrey the Trainwreck"/最後にはいつもクソみたいな気分
その59 フランク・V・ロス&"Tiger Tail in Blue"/幻のほどける時、やってくる愛は……
その60 フランク・V・ロス&"Bloomin Mud Shuffle"/愛してるから、分かり合えない
その61 E.L.カッツ&「スモール・クライム」/惨めにチンケに墜ちてくヤツら
その62 サフディ兄弟&"The Ralph Handel Story”/ニューヨーク、根無し草たちの孤独
その63 サフディ兄弟&"The Pleasure of Being Robbed"/ニューヨーク、路傍を駆け抜ける詩
その64 サフディ兄弟&"Daddy Longlegs"/この映画を僕たちの父さんに捧ぐ
その65 サフディ兄弟&"The Black Baloon"/ニューヨーク、光と闇と黒い風船と
その66 サフディ兄弟&「神様なんかくそくらえ」/ニューヨーク、這いずり生きる奴ら
その67 ライ・ルッソ=ヤング&"Nobody Walks"/誰もが変わる、色とりどりの響きと共に
その68 ソフィア・タカール&「ブラック・ビューティー」/あなたが憎い、あなたになりたい
<<