鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Jen Tullock&"Disengaged"/ロサンゼルス同性婚狂騒曲!

同性婚アメリカにおいて認められた後、その事実を背景として様々な作品が作られている。日本でも公開されたアイラ・サックス監督作「人生は小説よりも奇なり」キャサリン・ハイグルが主演を飾った“Jenny’s Wedding”に、一風変わった作品としては結婚式を前にフィアンセの1人がセックスでイッたことがないと告白したことから巻き起こる騒動を描き出した「イケてる彼女のイケない悩み」(原題:“The Feel” Netflixで好評配信中)などがある。さて今回紹介したいのはそんな作品群に連なりながら、一味違う魅力を持ち合わせたWebシリーズ“Disengaged”とそのクリエイターである2人のコメディアンJen TullockHannah Pearl Uttだ。ということで早速第1話をどうぞ。

シドとジュールズ(Jen Tullock&Hannah Pearl Utt)のカップルは付き合ってからもう何年もの日々が経っている。そのせいか最近関係は倦怠期に突入しており、セックスレスに料理の上にパンツ脱ぎ捨て事件にと空気がギスギスし始めている。そんな折、アメリカ全土で同性婚が認められシドの友人たちはパーティー開いて大フィーバー、彼女たちはもう既に婚約を決めたという。それに触発されたジュールズがノリでシドにプロポーズをしてしまったものだから、2人は否応なく自分たちの関係性を見つめ直さざるを得なくなってしまう。

今作はとある平凡なカップルが巡る同性婚狂想曲というべきコメディ作品だ。結婚とか興味ないし……的な態度を取っていたシドは満更でもない感じで早速ウェディング・プランナーの元へ向かい話が変な方向に向かったり、舞い上がったジュールズは指輪を買いに行った先でホモフォビアな店主とバトルを繰り広げたりと騒動は耐えない。しかしそんな騒動が彼女たちの愛に再び火を点け、ラブラブモードに突入したり、ハッと我に返ったかと思うと急激な冷めを見せたり……

2人を演じるJen TullockHannah Pearl Uttはクリエイターも兼任しているのだが、彼女たちはこの狂想曲の中にカップルの関係性へのスタンスの違いを浮かび上がらせる。結婚式のドレスを探しに行った夜、彼女たちは結婚について口論する羽目になる。シドは乗り気な素振りを見せたものの自分の心を顧みるに、やっぱり結婚はしたくない、別に結婚する必要なんかない、どうして今のままでいたら駄目なの?と主張する。だがジュールズは、私と結婚したくないの? 私と別れたいってこと?と詰問してくる。つまりシドはこの関係を曖昧なままにしておきたいし、ジュールズはこの関係について良い機会だから白黒ハッキリつけたいという姿勢なのだ。どちらの言い分ももっともな訳で、口論の中で彼女たちは自分たちの妥協点へと辿り着き、そうになる。

が、そうはさせない現状がアメリカには広がっているのである。同性婚フィーバーアメリカ全土が湧き、ブライダル産業にメディアにとこぞって炎に薪をブチ込み、そうして生まれた狂熱は巡りめぐってシドたちをも呑み込んでいく。彼女たちのプロポーズに立ち会った友人たちが勝手にどこぞの編集者と話をつけ、彼女たちの結婚式が雑誌で大々的に特集されることとなってしまう。そうして2人の結婚話はもう後戻り出来ない所まで来てしまう。

だが勿論のこと、その笑いの中には様々なテーマが練り込まれている。まずはより普遍的な、結婚とかそれ以前に自分たちがずっと生きていくために、私たちは互いをどう思いやりどう生活していけばいいのか。この問いは彼女たちの日常の随所にある種の脅威として立ち現れることになる。そしてもう1つ大きな問題がある。結婚熱が加熱する中で、ある時シドは頭を抱えながらこう叫ぶのだ。“結婚ってつまり異性愛規範への迎合じゃないの、何で同性愛者の私たちがそんなことしなくちゃいけないんだよ?” これには様々な議論があるだろう。確かに同性婚が認められるのは良いことだが、結婚という制度それ自体が異性愛規範ひいてはカップル規範を強化する悪であり、それ以外に属する人々を抑圧する装置と成りうるのだ。自分たちはそれに似た抑圧に散々苦しめられてきたのに、結婚が認められたら舌を出しながらそれに追従するのか?彼女たちはそうして悩み続ける。“Disengaged”は一見軽いロマコメのように思えながら、同性婚を巡る問題を鮮やかに提示していく優れた作品でもある。さて、その果てに2人はどんな決断を果たすのか。それは本編を観てのお楽しみである。

そして“Disengaged”の姉妹作品として7分の短編作品“Partners”も存在している(こちらもyoutubeで鑑賞可)。これも主人公は倦怠期にあるレズビアンカップルだが、キャラ設定が微妙に入れ替わっているのが印象的だ。今作はそんな彼女らの朝起きてからの7分間を、2人の家の中だけを舞台に描き出したコメディ作品で、これがとても良い。軽口を叩きあう親密な空気感に、人生のある一瞬を切り取る手捌き、そこに途方もない愛おしさを宿す素晴らしさ。それは2人の息の合ったコンビネーションがあってこそのものであり、その意味で“Partners”は彼女らの才覚を象徴的に示す貴重な一作な訳である。

そして現在は2人で初の長編映画"Stupid Happy"を製作中なのだという。主人公は彼女たちの演じる絶賛不仲中の姉妹、しかし死んだはずの母親がある秘密を抱えていたことから一緒に行動せざるを得なくなるというコメディ映画だそうだ。監督はUttの方が担当、脚本・主演は2人が兼任、他にもルーク・ケイジマーク・コールター「トランスペアレントジュディス・ライトが出演など結構出演陣も豪華である。ということで今後の1人の動向に期待したい。

参考文献
https://echomag.com/disengaged/(監督インタビューその1)
https://www.afterellen.com/people/477419-jen-tullock-hannah-pearl-utt-disengaged(監督インタビューその2)

ポスト・マンブルコア世代の作家たちシリーズ
その1 Benjamin Dickinson &"Super Sleuths"/ヒップ!ヒップ!ヒップスター!
その2 Scott Cohen& "Red Knot"/ 彼の眼が写/映す愛の風景
その3 デジリー・アッカヴァン&「ハンパな私じゃダメかしら?」/失恋の傷はどう癒える?
その4 Riley Stearns &"Faults"/ Let's 脱洗脳!
その5 Gillian Robespierre &"Obvious Child"/中絶について肩の力を抜いて考えてみる
その6 ジェームズ・ポンソルト&「スマッシュド〜ケイトのアルコールライフ〜」/酒が飲みたい酒が飲みたい酒が飲みたい酒が飲みたい…
その7 ジェームズ・ポンソルト&"The Spectacular Now"/酒さえ飲めばなんとかなる!……のか?
その8 Nikki Braendlin &"As high as the sky"/完璧な人間なんていないのだから
その9 ハンナ・フィデル&「女教師」/愛が彼女を追い詰める
その10 ハンナ・フィデル&"6 Years"/この6年間いったい何だったの?
その11 サラ=ヴァイオレット・ブリス&"Fort Tilden"/ぶらりクズ女子2人旅、思えば遠くへ来たもので
その12 ジョン・ワッツ&"Cop Car"/なに、次のスパイダーマンの監督これ誰、どんな映画つくってんの?
その13 アナ・ローズ・ホルマー&"The Fits"/世界に、私に、何かが起こり始めている
その14 ジェイク・マハフィー&"Free in Deed"/信仰こそが彼を殺すとするならば
その15 Rick Alverson &"The Comedy"/ヒップスターは精神の荒野を行く
その16 Leah Meyerhoff &"I Believe in Unicorns"/ここではないどこかへ、ハリウッドではないどこかで
その17 Mona Fastvold &"The Sleepwalker"/耳に届くのは過去が燃え盛る響き
その18 ネイサン・シルヴァー&"Uncertain Terms"/アメリカに広がる"水面下の不穏"
その19 Anja Marquardt& "She's Lost Control"/セックス、悪意、相互不理解
その20 Rick Alverson&"Entertainment"/アメリカ、その深淵への遥かな旅路
その21 Whitney Horn&"L for Leisure"/あの圧倒的にノーテンキだった時代
その22 Meera Menon &"Farah Goes Bang"/オクテな私とブッシュをブッ飛ばしに
その23 Marya Cohn & "The Girl in The Book"/奪われた過去、綴られる未来
その24 John Magary & "The Mend"/遅れてきたジョシュ・ルーカスの復活宣言
その25 レスリー・ヘッドランド&"Sleeping with Other People"/ヤリたくて!ヤリたくて!ヤリたくて!
その26 S. クレイグ・ザラー&"Bone Tomahawk"/アメリカ西部、食人族の住む処
その27 Zia Anger&"I Remember Nothing"/私のことを思い出せないでいる私
その28 Benjamin Crotty&"Fort Buchnan"/全く新しいメロドラマ、全く新しい映画
その29 Perry Blackshear&"They Look Like People"/お前のことだけは、信じていたいんだ
その30 Gabriel Abrantes&"Dreams, Drones and Dactyls"/エロス+オバマ+アンコウ=映画の未来
その31 ジョシュ・モンド&"James White"/母さん、俺を産んでくれてありがとう
その32 Charles Poekel&"Christmas, Again"/クリスマスがやってくる、クリスマスがまた……
その33 ロベルト・ミネルヴィーニ&"The Passage"/テキサスに生き、テキサスを旅する
その34 ロベルト・ミネルヴィーニ&"Low Tide"/テキサス、子供は生まれてくる場所を選べない
その35 Stephen Cone&"Henry Gamble's Birthday Party"/午前10時02分、ヘンリーは17歳になる
その36 ネイサン・シルヴァー&「エレナ出口」/善意の居たたまれない行く末
その37 ネイサン・シルヴァー&"Soft in the Head"/食卓は言葉の弾丸飛び交う戦場
その38 ネイサン・シルヴァー&"Stinking Heaven"/90年代の粒子に浮かび上がるカオス
その39 Felix Thompson&"King Jack"/少年たちと"男らしさ"という名の呪い
その40 ジョセフィン・デッカー&"Art History"/セックス、繋がりであり断絶であり
その41 Chloé Zhao&"Songs My Brothers Taught Me"/私たちも、この国に生きている
その42 ジョセフィン・デッカー&"Butter on the Latch"/森に潜む混沌の夢々
その43 Cameron Warden&"The Idiot Faces Tomorrow"/働きたくない働きたくない働きたくない働きたくない
その44 Khalik Allah&"Field Niggas"/"Black Lives Matter"という叫び
その45 Kris Avedisian&"Donald Cried"/お前めちゃ怒ってない?人1人ブチ殺しそうな顔してない?
その46 Trey Edwards Shults&"Krisha"/アンタは私の腹から生まれて来たのに!
その47 アレックス・ロス・ペリー&"Impolex"/目的もなく、不発弾の人生
その48 Zachary Treitz&"Men Go to Battle"/虚無はどこへも行き着くことはない
その50 Joel Potrykus&"Coyote"/ゾンビは雪の街へと、コヨーテは月の夜へと
その51 Joel Potrykus&"Ape"/社会に一発、中指ブチ立てろ!
その52 Joshua Burge&"Buzzard"/資本主義にもう一発、中指ブチ立てろ!
その53 Joel Potrykus&"The Alchemist Cookbook"/山奥に潜む錬金術師の孤独
その54 Justin Tipping&"Kicks"/男になれ、男としての責任を果たせ
その55 ジェニファー・キム&"Female Pervert"/ヒップスターの変態ぶらり旅
その56 Adam Pinney&"The Arbalest"/愛と復讐、そしてアメリカ
その57 Keith Maitland&"Tower"/SFのような 西部劇のような 現実じゃないような
その58 アントニオ・カンポス&"Christine"/さて、今回テレビで初公開となりますのは……
その59 Daniel Martinico&"OK, Good"/叫び 怒り 絶望 破壊
その60 Joshua Locy&"Hunter Gatherer"/日常の少し不思議な 大いなる変化
その61 オーレン・ウジエル&「美しい湖の底」/やっぱり惨めにチンケに墜ちてくヤツら
その62 S.クレイグ・ザラー&"Brawl in Cell Block"/蒼い掃き溜め、拳の叙事詩
その63 パトリック・ブライス&"Creep 2"/殺しが大好きだった筈なのに……
その64 ネイサン・シルヴァー&"Thirst Street"/パリ、極彩色の愛の妄執
その65 M.P. Cunningham&"Ford Clitaurus"/ソルトレーク・シティでコメdっjdjdjcjkwjdjdkwjxjヴ
その66 Patrick Wang&"In the Family"/僕を愛してくれた、僕が愛し続けると誓った大切な家族
その67 Russell Harbaugh&"Love after Love"/止められない時の中、愛を探し続けて