鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Nils-Erik Ekblom&"Pihalla"/フィンランド、愛のこの瑞々しさ

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20191003131403p:plain

さて、毎年冬に東京ではフィンランド映画祭が行われる。日本では未公開である現代のフィンランド映画を上映してくれる有り難い映画祭だ(個人的にはいつかルーマニア映画祭とかも上映されないかなと羨ましく思っている)という訳で今回はそれに合わせてフィンランド映画を紹介しよう。しかしもちろんそれは映画祭ですら上映されない未公開作、Nils-Erik Ekblom監督作"Pihalla"だ。

今作の主人公はヘルシンキに住んでいる青年ミク(Mikko Kauppila)だ。ある日、両親が不在の中、彼は兄のセブ(Juho Keskitalo)に唆されて自宅でパーティを開くことになる。パーティは大盛況だったが、客たちが騒ぎ過ぎて部屋の中にはゴミが散らばる大混乱ぶりだ。しかも両親が帰ってきてしまい大激怒、ミクは彼らと共に田舎の療養地へ連れて行かれることとなる。

序盤はよくある青春映画という趣だ。ミクが開くパーティは当然のごとく大騒ぎで、若さがどこまでも炸裂している。その中で彼は気になる相手であるサンナと二人きりになり、良い感じの雰囲気になるのだが、何か理解できない感情のせいでキスより先に行くことができない……

そんなミクは田舎で退屈な時間を過ごすのだが、ある時エリアス(Valtteri Lehtinen)という同年代の青年と出会う。両親のせいで少しも騒ぐことができなかったミクだが、彼とは意気投合して、お喋りを繰り広げたり、ビールを飲み交わしたりする。そうして愉快に時間は過ぎていくのだったが……

物語が進むにつれて、2人の関係性には微妙な雰囲気が付き纏うことになる。友情でもなければ、愛情でもない頗る微妙な雰囲気だ。監督の演出はまだ長編2作目ということもあり、とっ散らかった話下手なところがあるのだが、そのぎこちなさが彼らの関係性のぎこちなさに重なるところがあり、とても愛おしく思えてくる。

しかしそんな微妙な関係性は突発的ながら官能的なキスから、勢いよく愛情関係へともつれ込んでいく。若々しい愛情と衝動のままに、彼らは唇を重ね合わせ、互いの身体を抱き、その温もりを共有するように身体を重ね合う。その瑞々しさはとても爽やかなものだ。

ゲイ映画含めてLGBTQ映画には、LGBTQであることの苦悩が付き纏う作品が多いが、今作はそういった要素はサラッと流していく。代りに描かれていくのは、人を愛することの難しさと喜びという普遍的なテーマだ。今作はゲイ映画としての面白さと普遍的な愛の物語としての面白さの2つが同居していると言える。

とはいえ演出のぎこちなさもあってか、青春映画としては突出したところがない、平凡な出来であると言わざるを得ないところがある。だがその平凡さはまた、ゲイであるミクたち若者の等身大の恋物語にはとても合っている。劇的なものはないし、現実離れして美しいものもない。だが日常の中にあるかけがえのなさが今作では確かに描かれている。それは今の平凡な日常を生きるゲイの青年たちに希望を与えるものだろう。

"Pihalla"フィンランドからやってきた、瑞々しい青春映画でありゲイ映画だ。彼らの愛おしさは深いものであり、私たちはミクとエリアスの幸せを願わずにはいられないだろう。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20191003131450p:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その351 Shahrbanoo Sadat&"The Orphanage"/アフガニスタン、ぼくらの青春
その352 Julio Hernández Cordón&"Cómprame un revolver"/メキシコ、この暴力を生き抜いていく
その353 Ivan Marinović&"Igla ispod plaga"/響くモンテネグロ奇想曲
その354 Ruth Schweikert&"Wir eltern"/スイス、親になるっていうのは大変だ
その355 Ivana Mladenović&"Ivana cea groaznică"/サイテー女イヴァナがゆく!
その356 Ines Tanović&"Sin"/ボスニア、家族っていったい何だろう?
その357 Radu Dragomir&"Mo"/父の幻想を追い求めて
その358 Szabó Réka&"A létezés eufóriája"/生きていることの、この幸福
その359 Hassen Ferhani&"143 rue du désert"/アルジェリア、砂漠の真中に独り
その360 Basil da Cunha&"O fim do mundo"/世界の片隅、苦難の道行き
その361 Mona Nicoară&"Distanța dintre mine și mine"/ルーマニア、孤高として生きる
その362 Siniša Gacić&"Hči Camorre"/クリスティーナ、カモッラの娘
その363 Vesela Kazakova&"Cat in the Wall"/ああ、ブレグジットに翻弄されて
その364 Saeed Roustaee&"Just 6.5"/正義の裏の悪、悪の裏の正義
その365 Mani Haghighi&"Pig"/イラン、映画監督連続殺人事件!
その366 Dmitry Mamulia&"The Climinal Man"/ジョージア、人を殺すということ
その367 Valentyn Vasyanovych&"Atlantis"/ウクライナ、荒廃の後にある希望
その368 Théo Court&"Blanco en blanco"/チリ、写し出される虐殺の歴史
その369 Marie Grahtø&"Psykosia"/"私"を殺したいという欲望
その370 Oskar Alegria&"Zumiriki"/バスク、再び思い出の地へと
その371 Antoneta Kastrati&"Zana"/コソボ、彼女に刻まれた傷痕
その372 Tamar Shavgulidze&"Comets"/この大地で、私たちは再び愛しあう
その373 Gregor Božič&"Zgodbe iz kostanjevih gozdov"/スロヴェニア、黄昏色の郷愁
その374 Nils-Erik Ekblom&"Pihalla"/フィンランド、愛のこの瑞々しさ