鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

タイ、響き渡る本当の声~Interview with Ratchapoom Boonbunchachoke

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200824003713p:plain

さて、このサイトでは2010年代に頭角を表し、華麗に映画界へと巣出っていった才能たちを何百人も紹介してきた(もし私の記事に親しんでいないなら、この済藤鉄腸オリジナル、2010年代注目の映画監督ベスト100!!!!!をぜひ読んで欲しい)だが今2010年代は終わりを迎え、2020年代が始まろうとしている。そんな時、私は思った。2020年代にはどんな未来の巨匠が現れるのだろう。その問いは新しいもの好きの私の脳みそを刺激する。2010年代のその先を一刻も早く知りたいとそう思ったのだ。

そんな私は、2010年代に作られた短編作品を多く見始めた。いまだ長編を作る前の、いわば大人になる前の雛のような映画作家の中に未来の巨匠は必ず存在すると思ったのだ。そして作品を観るうち、そんな彼らと今のうちから友人関係になれたらどれだけ素敵なことだろうと思いついた。私は観た短編の監督にFacebookを通じて感想メッセージを毎回送った。無視されるかと思いきや、多くの監督たちがメッセージに返信し、友達申請を受理してくれた。その中には、自国の名作について教えてくれたり、逆に日本の最新映画を教えて欲しいと言ってきた人物もいた。こうして何人かとはかなり親密な関係になった。そこである名案が舞い降りてきた。彼らにインタビューして、日本の皆に彼らの存在、そして彼らが作った映画の存在を伝えるのはどうだろう。そう思った瞬間、躊躇っていたら話は終わってしまうと、私は動き出した。つまり、この記事はその結果である。

さて、今回インタビューしたのはタイの映画作家であるRatchapoom Boonbunchachoke ラチャプーン・ブンバンチャーチョークである。彼の最新短編"Aninsri daeng"はなかなかに独特な内容だ。まず冷戦下のタイでは出演する俳優が誰かに関わらず"ヒーローはよりヒーローらしく、悪人はより悪人らしく"ということで、声を吹き替えられていた。今作はその伝統を踏まえている。主人公Angはトランス女性であるのだが、政府のためにスパイ活動を行っていた。ある時彼女は学生活動家であるJitという男性を篭絡せよと命令される。シスゲイ男性に変装し彼に近づくAngだったが、彼女は少しずつAngに心惹かれていってしまう。スパイものというジャンルを基礎としながら、今作はトランス女性の声を通じて彼女が自身の愛と尊厳を見つけ出そうとする姿を描いている。トランスジェンダーを題材にした作品は多いながら、トランス女性の声にテーマを絞った作品というのは初めて観たし、その新鮮さには驚かされた。ということで今回はそんな監督に個人的な映画体験、タイ映画の奇妙な伝統、トランス女性の声、タイ映画史の傑作などなど様々な事柄について話しを聞いてみた。アピチャッポン映画からは知ることのできないタイの顔がここからは見えてくるだろう。それではどうぞ。

//////////////////////////////////////

済藤鉄腸(TS):まずどうして映画監督になりたいと思いましたか? それをどのように成し遂げましたか?

ラチャプーン・ブンバンチャーチョーク(RB):それは長い物語になりますね。私の父は映画オタクだったんですがゴダールやアントニオーニを子供に見せる類のシネフィルではなく、アメリカの賞を獲った作品、つまりアカデミー賞的な映画が好きでした。私がカートゥーンや子供映画を観ていた頃、彼があまり知られていない映画を紹介してくれた訳です。当時は映画に出演している俳優にしか興味のない人々に囲まれているのが普通でしたが、父は映画の裏側にいる人物、映画監督というものの重要性を知っていました。例えばタランティーノコーエン兄弟、スコセッシにコッポラ、黒澤などの名前が会話でよく出てきました。当時は映画監督になる気はありませんでしたし、ただ映画を観るのが好きなだけだったんですけどね。ある時父がハーモニー・コリンガンモ(こういったアメリカのインディーズ映画がこの国でよく上映されるかは定かではありません)を観にいって、それがどれだけ奇妙だったかを教えてくれたんです。彼はいつも月に4、5冊の映画雑誌を買っており、何冊かには海外の雑誌から翻訳したレビューが載っており、そこは私の知らない、タイでは上映されない作品の宝庫でした。例えばソクーロフエルミタージュ幻想ピーター・マランの金獅子賞獲得作マグダレンの祈りなどです。それを読むと同時に、私のなかで小説家になりたいという思いが強くなっていきました。映画製作は自分には不可能に思える一方で、本を執筆するのは現実的だと思ったんです。母が"小説家というのは本をたくさん読む人のことだ"と言うので、高校の頃から文学やフィクション作品を読みはじめました。しかし読むのに時間がかかってしまい、ここで映画というまた別の語りのメディアにシフトしたんです。その前は"難しい"映画というものに恐れを抱いていましたが、私は映画監督になるにはその分野において賢くある必要があると信じていました。という訳で、たくさんの映画、奇妙で知名度も低い、難しい映画をたくさん観続けました。そして徐々にこのメディアに深く関わり、魅了されていったんです。

TS:映画に興味を持ちはじめた頃、どういった映画を観ていましたか? 当時のタイではどんな映画を観ることができましたか?

RB:いわゆる文芸映画のDVDは非合法の店で見つけることができました。この店を見つけた時、タイには公式なDVDがなかったのでまずジブリ映画のソフトを買いました、はは。それから更に知名度の低い作品により興味を持ちはじめ、映画雑誌を読みながらDVDを探していました。そしてキェシロフスキのトリコロール/青の愛」に会った時が私にとっての分岐点でした。映画のラストにとても困惑し、インターネット上でその分析を読む必要があったんですが、そこで映画がいかに深遠で抽象的なものについて描けるかが分かったんです。映画は人を楽しませる物語を描く以外にも様々なことができるんです。この経験の後、私は非合法のDVDショップを越えて映画的な冒険をするために、ゲーテ・インスティチュートやアリアンスフランセーズ、公共図書館などの文化センターが開催する上映会に行くようになりました。そこで私は自分にとって名付け親になる映画監督たち、例えばヴェルナー・シュレータージャック・リヴェット、マルコ・フェレーリ、オタール・イオセリアーニマノエル・ド・オリヴェイラ大島渚寺山修司、ウルリケ・オッティンガー、シャンタル・アケルマンアレクサンダー・クルーゲといった人物に出会いました。彼らこそが映画の可能性について私に教えてくれたんです。

私が若かった頃のタイにおける映画の受容状況ですが、インディーズ映画を公開する映画館はいくつかあったもののそれほど多くはなかったんです。だから私は先述のDVDショップから映画の知識を学んでいましたね。

TS:あなたの新作短編"Aninsri daeng"の始まりは一体何でしょう? あなた自身の経験、タイにおけるニュース、もしくは他の何かでしょうか?

RB:私にはタイにおける植民地主義を描く短編シリーズを作るという計画があります。タイは東南アジアにおいて例外的に、どの西欧諸国からも植民地化されなかった唯一の国であると言われています。それは全て歴史の教科書に書いてあることであり、タイの子供たちは何十年もの間こう教わってきました。植民地化されなかったことは私たちのアイデンティティの一部であるんです。しかしながらオルタナの、改革論者である歴史家は逆のことを言い、公式の歴史に宿るギャップやひびを暴きだしています。そうして植民地主義という悪魔の手から逃れたという確固な認識を揺るがすんです。タイが植民地にならなかったというのは西欧の植民地主義的ネットワークにおける視点であって、実際には19世紀中葉からこの国は情報の面で植民地化されていたんです。この計画において私は3つの作品を作ったんですが、3作目の"Aninsri daeng"は"アメリカの時代"もしくは"冷戦の時代"を描いています。1作目の"La Double Vie de Maniejan"(2013)はフランスによる植民地化政策を、ナレーションという技法の探求を植民地主義的な映画デバイス("Aninsri daeng"が吹替を描いたやり方と似ています)と重ねたうえで描いています。そして"Anna and the Prince"(2014)は有名なブロードウェイ作品である「王様と私」をスプリングボードとして引用しながら、大英帝国の遺産について探っています。

しかし私の映画は異なる西欧の帝国(フランスとイギリス、そしてアメリカです)を基にしながらも、映画自体を反西欧的と思ったことは一度もありません。私にとって批評のターゲットはタイにおける内なる植民地化なんです。西欧による植民地化は疑いなく酷いものですが、この国の支配階級が国を統治するという名目で行った植民地化は更に酷いものでした。支配階級は、この国は植民地化されなかったと言うでしょうが、タイはバンコクの植民地だというのが真実だと私は思います。自分たちは植民地化されなかったという国民の意識を利用し、バンコクの支配階級は領地の支配、文化的な標準化、自然の搾取などを推し進めてきたんです。

"Aninsri daeng"についてですが、最初にこのアイデアを思いついたのは数年前に論文審査委員会に参加していた時のことです。ある学生が70、80年代のタイ映画にオマージュを捧げた作品を作りたいと言いました。この時代にはタイの田舎町を舞台にしたB級アクション映画群があったんですが、そんなジャンルを私たちは"山を爆破しろ、小屋を燃やせ"ものと呼んでいました。普通、主人公は田舎町の犯罪ネットワークを摘発するために送られた警察官で、最後にはいつも山が爆破され、小屋が燃えるんです。その生徒は当時のタイ映画界で流行していたアフレコ技法をを使って映画が撮りたいと言いました。他の委員会メンバーはジャンル映画の定型を覆すいくつかの提案をしたんですが、そのメンバーの一人が映画の歴史家で、当時における吹替の慣習について話しました。それを聞いている時、私の頭にジャンルの伝統に一捻り加えるアイデアが思いついたんですが、生徒はこのアイデアを採用することはありませんでした。彼はストレートなジャンル映画のオマージュ作品を作りたかったんです。しかしそのアイデアはしばらく私につきまとい、ある時それを映画にしようと思ったんです。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200824004924p:plain

TS:観客がこの映画を観た時、冷戦下のタイ映画における吹替の伝統についてもっと知りたいと思うでしょう。今作のあらすじにはこう書かれています。"全ての俳優はその役柄に合った声で吹替えられました。ヒーローはよりヒーローらしく、悪役はより悪役らしく"と。この伝統についてもっと詳しく日本の読者に解説してくれませんか? この伝統はなぜ生まれたのでしょう? 例えばどんな映画がこの伝統を象徴していますか? そしてあなたの映画体験においてこの伝統にまつわる思い出などはありますか?

RB:私は映画の歴史家ではないので、ある部分で間違っているところもあるでしょう。吹替の伝統は第2次世界大戦後に主に2つの理由で普及していきました。技術的な理由とイデオロギー的な理由の2つです。

技術的な理由というのは、世界大戦後に撮影器具が高くなり見つけにくくなったというものです。小規模な映画の制作会社は予算を少なくしなくてはならなくなりました。そこで映画を無音で撮影し、ポスプロ段階で声をつけるというのは実用的な技術の1つだった訳です。同じ頃でも大きな制作会社は音声つきで映画を撮影していましたが、音声が同時録音の作品は比較的少なかったんです。そしてもう1つ、当時のスターシステムにも原因があります。有名な、引く手あまたである俳優は1日に4、5作もの映画撮影に参加します。朝に1作撮り、昼にもう1本撮り、夕方に1本、夜に1本撮るんです。なのでリハーサルや脚本を覚える時間がないんです。それ故便利なのがカメラの前に俳優を立たせ、カメラの後ろに隠れたアシスタントがセリフを言い、それを俳優が真似するというものでした。

イデオロギー的な理由というのはこう要約できます。当時のタイの観客は表面的にも内面においてもこういった美意識を持っていました。内部から溢れだす美への関心ですね。そして声というのはこの内面の美を反映する要素だったんです。美しい人々は美しい声を持っているものであり、悪しき人々は悪しき声を持っているものと。何人かの俳優は美しい見た目を持ちながら、声を効果的に使うことが十分にできませんでした。そこで声優たちがこの欠点を補っていったんです。彼らもある意味では有名な存在でした。この声と顔のずれは観客を困らせました。彼らが初めて好きな俳優の実際の声を聞いた時を考えると興味深いです。

そして更に印象的なのはタイの吹替文化における発音とアクセントの驚くべきユニークさです。こういった映画が製作されていた長い間、実際に人々がこう喋っていたとは信じられません。会話は、別に悪いとは言えませんが、過剰に文学的で、まるで小説から抜き取ってきたようです。この文化に大きな魅力を感じたのは、ある映画の一場面を初めて観たときです。その映画とは"E Pring Khon Rerng Muang"(タイ語表記では"อีพริ้ง คนเริงเมือง"、"Pring、街を彷徨う雌犬"という意味ですね)という1980年代に制作されたメロドラマでした。主人公には第2次世界大戦後から80年代にかけて7人の夫がいました。ある場面で、彼女は家で酒を飲んだからという理由で義母と喧嘩をします。母親が"Pring! 何故家でお酒を飲んだの? ここは神聖な家であって売春宿ではないのに!"と言うと、Pringは"ご婦人は売春宿に住んだことがおありで? じゃあ、売春宿がどういう場所かお知りなんですか?"と返事します。そして義母は"Pring! お前は売春婦だ!"と叫び、Pringはこう返事します。"私を売春婦と呼んでくれて感謝します。ということは私は若く美しく、価値のある女性である訳でしょう。あなたとは違ってね、マダム。価値があるなんてことに関しては、むしろ金を払わないと誰もあなたとセックスなんてしてくれませんからね!"と。とてもシュールです! 正気であればこんなこと自分の義母には言わないでしょう。そしてアクセントに関してですが、タイでは脚本家が作品を執筆する時、表現がとても詩的になるんです。タイのソープオベラには今でもこういった物言いをする作品がいくつかあります。しかし今ではほとんどが拙く、不自然で流行から外れたものと見做されます。それでも私にとっては現実逃避の1つとして満足感を味わわせてくれます。

TS:前の質問に関連して、あなたの映画において印象的なのはこの伝統がトランスジェンダーの人々が抱く自身の声への複雑な思いと美しく重なっていることです。トランスジェンダーを題材にした作品は多いですが、その声に焦点を当てた作品を観たのは初めてです。どのようにこの創造的なアイデアが浮かんだのでしょう? どのようにこのアイデアを脚本に変えていったのでしょう?

RB:トランスジェンダーである人々の声は、古いタイ映画においては存在しないものとして扱われていたように思えます。トランス女性である登場人物がいても、彼女はお笑い要素のために男性声優に吹替えられていました。"Aninsri daeng"において主人公Angを女性的で美しい声で吹替ることにしたのは、内なる美にまつわる伝統を強調したかったからです。そして私は変装というアイデアが好きなんですよね。少なくとも私にとって、トランスジェンダーがシスジェンダーに変装するのは魅力的なまでに複雑です。そこには皮肉と矛盾があります。

それからヘテロ的なジャンルをクィア化するという考えが気に言っていました。スパイものというのはその1つでしょう。クィア映画を探求する主な目的は、性的少数者が社会で抑圧されているなどアイデンティティー・ポリティクスについて議論するためではありません。私はクィアな人々が政治的行為に打って出るのを見るのが好きなんです。私がしたいのは政治化されたクィアな人々を描くよりも、むしろ政治化する方に回った彼らを創造することです。クィア映画の境界線を押し広げることにも関心があります。そしてヘテロの登場人物にとっては普通なことをクィアな登場人物にも行わせながら、クィアとしての特質は保持したままにするんです。そうすれば、作品はただのクィア的変装をしたヘテロ映画にはならないでしょう。

TS:そして主人公であるAngとJitのロマンスにも心惹かれました。あなたはこの愛をほろ苦く印象的に描いていますね。Jitは不器用ながら純粋な愛をAngに与えながら、Angには心に秘めた秘密がある。この複雑なロマンスと関係性を描くにあたって、最も重要だったことはなんでしょう?

RB:彼らの関係性は映画において最も個人的な側面です。個人的すぎてあまり語りたくないほどに、ははは。脚本を執筆している時期、私は自分を傷つける関係性に嵌っていました。彼らの関係性はそれを反映している訳です。別にスパイと関係があったとかそういう訳じゃないですよ。しかし心地よい、美しい見た目を持っていて、一緒にいると幸せを感じられる人も、有害で人を傷つける気質を持っているかもしれないということに私は気づいた訳です。その時は他人を信じられることもできませんでした。表面上は素晴らしく思えても、結局は自分にとって痛みでしかなかった訳です。

TS:そして今作の核となるのは主人公であるAngとJitを演じた俳優たちです。彼らは激動のタイにおいて繊細で色とりどりの心を持ち生きる、複雑で魅力的な人物を体現しています。Sarut Komalittipong サルット・コーマーリティポンAtikhun Adulpocatorn アティクン・アドゥルポーカートーンという2人の俳優をどのようにして見つけたのでしょう? そしてこの映画において彼らとコラボしようと思ったのはどうしてでしょう?

RB:Sarutは元々舞台出身です。彼が出演するのはほとんどが身体的な演劇なんです。何年も彼の舞台上での演技を見てきたんですが、Angを演じる俳優を探していた時に友人が彼を薦めてくれたんです。Atikhunは主に映画で活躍しており、時おり舞台でも演技をしています。彼はキャスティング・ディレクターでもあるんです。彼の興味深いところはその"一見オタク的な見た目"から、TVではいつも主人公の相棒やコミック・リリーフとして起用されているところです。典型的なタイのゲイ映画(タイにはそんな作品が多くあります。ほとんどはTVシリーズですが、学生映画にも多いんです)における、伝統的な美のステレオタイプを私は解体しようと試みていた訳です。メインストリームのメディアにおいてゲイの登場人物では決まった見た目と、ハンサムさや可愛さがあるんです。それらは観客の目を喜ばせながら、それは自身の身体がそういった美の基準に合わない、普通のゲイたちには有害に思えるんです。私は普通の映画ではゲイの主人公を演じられるとは見做されない俳優にこそ彼らを演じてほしかったんです。それはこの国でのクィア映画の扱われ方を解体するものであるという一方、境界線を押し広げるものでもあります。ゲイは"身体的に完璧"で若く健康、驚くほど魅力的なものとだけ見做されるべきではありません。これはキャスト陣がブサイクと言っている訳ではありませんよ、ははは。より多様な身体に対して内包的な作品を作りたかったということです。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200824005013p:plain

TS:タイ映画の現状はどういったものでしょう? 外側からだと現状はよく思えます。アピチャッポン以後にも、多くの才能が有名な映画祭に現れています。例えばベネチアPhuttiphong Aroonpheng プッティポン・アルーンペンAnocha Suwichakornpong アノーチャ・スイッチャゴーンポン、DoclisboaのThunska Pansittivorakul サンスカ・パンシティボラクール、そしてロカルノにおけるあなたです。しかし内側から見ると、その現状はどのように見えるでしょう?

RB:あまり良い状況とは思えません、特にインディーズ映画においては。政府はここ数年、インディーズの作家に補助金を与えるのを止めてしまいました。なので新しい映画を作るのがとても難しいんです。外側からだと多くの素晴らしい作品が映画祭で上映されるので、良く見えるしょう。しかし正直言って、私たちにはもっと適切なサポートが必要なんです。多くの才能ある映画作家がこの仕事を諦めざるをえず、生きるために他の仕事をしているのを私は知っています。

TS:映画好きがタイ映画の歴史について知りたい時、どういった作品を観るべきでしょう? その理由もぜひ知りたいです。

RB:多くの古典的なタイ映画が英語字幕つきで観られないので、この質問はとても難しいところです。アピチャッポンの作品に魅了されたフランス人研究者がいるのですが、彼女はブンミおじさんの森には古典タイ映画(例えばホラーやソープオペラなど)からのレファレンスがあると知りましたが、そのトピックについて書かれた英語やフランス語の記事を見つけることができなかったんです。なので彼女はタイに移住しタイ語を学び、タイのフィルムアーカイブの近くに部屋を借りて、その古典映画を観たのでした。外国人がタイ映画を知るのは馬鹿げたほど疲れるものなんです!

しかし正直言いますと、タイ映画史を人々に紹介するにあたってそういった映画が思いつかないんです。実際、タイの映画作家たちにもタイ映画史は広く知られていないんです。若い監督たちは自身の国の映画をあまり知らない訳です(私自身もです)。アメリカや日本、フィリピンといった他の国々と違い、私たちには古典を見返すという習慣がありません。まるで映画作家たちがその血統やルーツ、歴史を学ばないゆえに、タイ映画は10年に1度リセットを繰り返しているようです。例えば私たちはタイの白黒映画についてほとんど知りません。そして若い映画作家の多くは古典を見下しているんです(公平に言いますと、その多くは救いがたいほど酷いです)

TS:もし1本だけ好きなタイ映画を選ぶなら、どの作品を選びますか? その理由についてもお聞きしたいです。何か個人的な思い出がありますか?

RB:私はタイの現代作家たち、例えばアピチャッポン・ウィーラセタクンAnocha SuwichakornpongPimpaka Towira ピムパカー・トーウィラKongdej Jaturanrasamee コンデート・ジャトゥランラッサミーNawapol Thamrongrattanarit ナワポン・タムロンラタナリットらが好きですが、彼らは除きましょう。私が挙げたいのは何本かの古典タイ映画です。今現在タイのフィルムアーカイブは多くの古典作品をリストアし、字幕をつけています。例えばR.D.Pestonji R.D.ペスタンジー"Country Hotel"(1957)ですね。Pestonji監督はタイ映画界の巨匠であり、今作も素晴らしいものです! 全編ホテルのロビーで繰り広げられるのですがとても不条理でシュール、奇妙なものなんです! それから先に"E-Prink Kon Rerng Muang"について話しましたが、HRH Prince Anusorn Mongkolkarn プリンス・アヌソーン・モンコンカーン監督作"Waen Thong Loeng"(1973)も挙げたいですね。このメロドラマは風と共に去りぬ並のスケールを持っています! それから伝説的映画監督Dokdin Kanyamarn ドークディン・カニャマーン"The Wife-eater"(1974)も挙げましょう。今作は結婚した相手が皆謎めいた死を遂げるゆえ"妻喰らい"と呼ばれる男の姿を描いた犯罪コメディです。彼は4回結婚し、妻は4人とも亡くなってしまうのですが、5人目に恋に落ちた時、4人の死の裏側にあるものを探らざるを得なくなります。馬鹿げていて楽しいんですよね。それからとても尊敬されている映画監督であるCherd Songsri チャー・ソンシー"Puen-Pang"(1983)も好きな映画として挙げたいです。とても美しい恋物語なんですよね。そして実験的ドキュメンタリーに目を向けると、"Tongpan"(1977)や"On the Fringe of Society"(1981)、"Hara Factory Workers Struggle"(1975)といったアクティビスト映画も勧めたいです。そしてPhaisit Phanphruksachat ファイシット・ファンフルカシャー"The Cruelty and the Soy Sauce Man"(2000)やSasithorn Ariyavicha サシトーン・アリヤヴィチャー"Birth of Seanama"(2004)、Tossapol Boonsinsukh トッサポル・ブンシンソー"Afternoon Times"(2005)やPunlop Horharin パンロップ・ホーハリン"Silence will Speak"(2006)といった作品は謎めいて魅力的ながら、デジタル映画の黎明期のなかで悲しいですが忘れ去られたインディーズ映画たちです。

TS:何か新しい短編、もしくは長編を作る予定はありますか? もしそうなら、ぜひ読者に教えてください。

RB:今は初長編"A Useful Ghost"を準備しています。便利な存在になろうとする幽霊の姿を描いた作品です。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200824005108p:plain