鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

雑記

ここ1ヶ月、毎日ブログを書いていたのだが、今日は何の映画も見ていないしネタがない。けどどうせだから○○日間継続中を保ちたい。ということでネタを探して、雑記。はてなブログだけなのか他の所でもそうなのか分からないのだが、私のブログ"鉄腸野郎Z-Movie Squad!" どんな言葉で検索してこのブログに辿り着いたかがある程度分かる仕様になっていて、何でその言葉で私のブログに辿り着くんだ?と思うと同時に、この言葉で辿り着いてくれてありがとう!だとか色々思うことがあったりする。ということで、個人的に印象深い検索ワードをここで取り上げてみたいと思う。

レッド・ライト ネタバレ”
個人的にこれで来てくれるのは物凄く嬉しい。3年前、まだ全然私が青二才だった頃、というか今でも青二才だが、頑張って書いた記事に辿り着いてくれた訳だからだ。「レッド・ライト」はシャマラニズム溢れるテン年代でも屈指の傑作だと私は思っている、デ・ニーロとそしてキリアン・マーフィーの演技が素晴らしくてまあ素晴らしくて。監督のロドリゴ・コルテス、彼が製作の「グランド・ピアノ 狙われた黒鍵」は去年のベスト1に入れたのだが、新作作らないのだろうか、ねえ?

“映画監督 太りすぎ”
このワードを見た時、かなり不思議だった、太りすぎな映画監督についてなんか書いた覚えはないからだ。調べてみるとこの記事が引っ掛かったらしい。“(…)映画・映像について学ぶ。2005年、卒業製作としてデビュー短編"Chunk"を監督、この作品は余りに太りすぎている(……)”というので引っ掛かったみたいだ。記事はこの検索ワードに全然答えられていないので、ここに個人的な考えを書いてみると取りあえずマイケル・ムーアは太りすぎではないだろうか、そして「キル・リスト」や"High Rise"と名を挙げてきているイギリスの鬼才ベン・ウィートリーもかなり太りすぎとは思っている、あと「クラークス」のケヴィン・スミスは太りすぎて飛行機に乗るのを断られたらしい。

“ナイフでオッパイを刺している画像”
私のブログでは、昔人殺しを娯楽として提供するジャンルであるスラッシャー映画を多く取り上げていたからか、こういう物騒なワードで来る人がかなりいる。このワード通りの映画は記憶にない、が、この検索ワードで来た方にはピッチフォークがシャワーを浴びている女性のおっぱいをブチ貫く「ローズマリー」やムキムキのおっぱいを持ち合わせたならず者集団が様々な形でブチ殺されていくシュワちゃん主演映画「サボタージュ」をオススメしたい。

“Kissing on the Mouth 映画”
まず説明すると、このタイトルの映画はマンブルコアの立役者としてお馴染み、そして9月には「ハンナだけど、生きていく!」が公開のジョー・スワンバーグが初めて監督した長編映画である。彼の妻クリス・スワンバーグを紹介する上でこのタイトルを載せたらこの検索者は私のブログに辿り着いた訳だが、うん、この方に言えるのはたった1つだけだ、長編デビュー作のことを長編処女作と言う人間の言うことをあなたは信じてはいけない。

はい、これで今日の記事は終りです。さようなら。