鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

アサフ・ポロンスキー&「喪が明ける日に」/イスラエル、哀しみと真心のマリファナ

主人公たちがマリファナを吸いまくってマリファナで笑わせまくってマリファナって最高!と大団円に至る、いわゆるストーナーコメディというジャンルがある。「チーチとジョン〜スモーキング大作戦」「ハロルド&クマール」シリーズなんかがその例だが、私とそのジャンルの出会い方は悲惨だった。あの悪名高い「スモーキング・ハイ」を観た私は、マリファナなんて男の友情最高!なクソホモソーシャルを強化する道具でしかねーじゃんという感じになってしまったのだ。だが今回紹介するのはそれとは全く違う、もっと真摯にマリファナを愛する気持ちの詰まったイスラエルストーナーコメディ“One Week and a Day”だ。

Asaph Polonskyは1983年アメリカのワシントンDCに生まれた。その後はイスラエルアメリカを行き交いながら、PVやテレビ番組を製作する。映画監督としてはとある孤独な男の姿を描いたスリラー"Ritch-Ratch"(2008)、70代の夫婦がめぐる緊急事態を描いたコメディ"In Bed at 10 PM"(2010)などを手掛ける。2013年には学校の卒業制作として短編"Samnang"を製作、カリフォルニアを舞台にカンボジア移民である男性の日々を描き出した作品はミラノ国際映画祭の短編部門で作品賞を獲得するなど話題になる。そして2016年には初の長編監督作"One Week And A Day"を完成させる。

この物語の主人公はエヤルとヴィッキー(Shai Avivi&Evgenia Dodina)という中年夫婦だ。彼らはつい先日最愛の息子であるロニーを亡くし、ユダヤ教における喪の儀式であるシヴァを終えたばかりだった。1週間の儀式の後、2人はいつもの日常に戻ろうとするが、そう簡単に戻ることなど叶わない。そんな中でエヤルはある行動に出る。

その行動というのがマリファナである。彼はロニーがいたホスピスへと赴き、病室から彼が吸っていたらしい医療用マリファナをせしめてくる。様々な障害を乗り越え、何とかそれを家まで持ち帰ってきたエヤルだが吸い方が分からない。ということでロニーの親友だった隣人夫婦の息子ゾーレル(Tomer Kapon)を呼びつけ、彼は人生で初めてのマリファナに挑戦する。

息子の死とそれに対処できない両親という設定自体はとても悲壮なものだが、今作は彼らの心の彷徨いを軽やかな笑いと共に描き出している。エヤルはマリファナの紙を上手く巻けなかったり、草をブチ撒けてしまったりと不器用で、お調子者のゾーレルの力を借りて何とかマリファナを吸うまでに至る姿は微笑ましいし、少しずつテンションが上がり始めるのもおかしい。それをを見つめる作品の眼差しはとても暖かなものだ、まるで亡くなったロニーが“親父、やっぱマリファナって最高だろ?”と笑いかける表情が目に浮かぶようだ。

そして監督の手捌きもまた絶妙なものだ。彼は撮影監督のMoshe Mishaliと共に少し距離を取りながらエヤルたちを映し出すが、この少しの距離感がオフビートな笑いの“間”というものに繋がっている。微笑ましくも苦笑混じりのペーソスと形容すべき笑いだ。そして彼らがマリファナをスッパスパ吸ううち、物語それ自体も何だか緩んだような夢心地の雰囲気が広がり始める。普通の日常とふやけた日常が交わる様に、また新たな笑いが浮かんでいく。

しかし根幹に存在する悲しみは彼らを完全に漂わせることはない。ふとした瞬間に頬を強かに打ちつける息子の死によって、彼らは現実に引き戻されていく。そんな中でエヤルはマリファナを吸いまくっては一騒動を起こし、ヴィッキーは小学校の教師という仕事をいつものように成し遂げようと意地になる。それでも駄目だ、全てが上手く行かない。逃れようとすればうるほど、悲哀は大きさを増して、彼らを呑み込んでいく……

そんな悲壮になりがちな物語を、しかし監督はあくまで軽やかに描き出そうとする。その雰囲気に貢献しているのが魅力的な脇役たちだ。母親がいるホスピスで遊び回っている少女バール(Alona Shauloff)はエヤルを慕い、健気な活力で以て彼を慰める。隣人夫婦はエヤルたちと敵対関係にあり、セックスの余りの騒々しさがマリファナと絡んでヤバい事態が勃発することになってしまう。だが中でも印象的なのは彼らの息子ゾーレルの存在だ。寿司屋でバイト(テイクアウトの袋にはデカく“お”と平仮名で書いてある)中の彼はエアギターが趣味で、マリファナ吸った勢いで物語を激しく掻き乱していく。

それと関連して、監督の音楽センスも抜群に高い。劇伴担当のRan Bagnoエスニックな響きを伴った音楽で、ダウナーなトリップの感覚を私たちの脳髄に味あわせてくれるのだが、既成曲の使い方も印象に強く残る。ゾーレルが劇中で何度も披露するエアギターは気合い入ってるのか間抜けなのか良く分からない躍動を見せる一方で、バールと共に2人があることをする場面では曲の美しさも相まって観客の涙腺が緩むような趣向すらも凝らされている。無駄な音楽は一切ないままに、音でテンションを作り上げる手腕が本当に抜群なのだ。

そして終盤において、監督は私たちをある大いなる問いへと導くこととなる。それはつまり“最愛の人の死を、私たちはどのように乗り越えればいいのか?”という問いに。他のストーナーコメディと今作が一線を画するのは、マリファナは酩酊するだけの道具でもホモソーシャルを強化するための道具でもなく、この哲学的な問いに対して、登場人物たちが癒しと答えを探すための唯一の標となってくれる点だ。この選択に監督の些か奇妙でありながら、類い希なヒューマニズムが現れている。それをあのモワモワと漂う真白い煙がスクリーンを通じて、私たちの元まで芳しい薫りと共に運んでくれる。“One Week and a Day”マリファナの煙一粒一粒に人生の妙味を編み込んだ、最高のストーナーコメディなのだ。

参考文献
https://pro.festivalscope.com/director/polonsky-asaph(監督プロフィール)
http://deadline.com/2016/05/asaph-polonsky-one-week-and-a-day-interview-larry-david-israel-cannes-1201760118/(監督インタビュー)

私の好きな監督・俳優シリーズ
その151 クレベール・メンドーサ・フィーリョ&「ネイバリング・サウンズ」/ブラジル、見えない恐怖が鼓膜を震わす
その152 Tali Shalom Ezer&"Princess"/ママと彼女の愛する人、私と私に似た少年
その153 Katrin Gebbe&"Tore Tanzt"/信仰を盾として悪しきを超克せよ
その154 Chloé Zhao&"Songs My Brothers Taught Me"/私たちも、この国に生きている
その155 Jazmín López&"Leones"/アルゼンチン、魂の群れは緑の聖域をさまよう
その156 Noah Buschel&"Bringing Rain"/米インディー映画界、孤高の禅僧
その157 Noah Buschel&"Neal Cassady"/ビート・ジェネレーションの栄光と挫折
その158 トゥドール・クリスチャン・ジュルギウ&「日本からの贈り物」/父と息子、ルーマニアと日本
その159 Noah Buschel&"The Missing Person"/彼らは9月11日の影に消え
その160 クリスティ・プイウ&"Marfa şi Banii"/ルーマニアの新たなる波、その起源
その161 ラドゥー・ムンテアン&"Hîrtia va fi albastrã"/革命前夜、闇の中で踏み躙られる者たち
その162 Noah Buschel&"Sparrows Dance"/引きこもってるのは気がラクだけれど……
その163 Betzabé García&"Los reyes del pueblo que no existe"/水と恐怖に沈みゆく町で、生きていく
その164 ポン・フェイ&"地下香"/聳え立つビルの群れ、人々は地下に埋もれ
その165 アリス・ウィノクール&「ラスト・ボディガード」/肉体と精神、暴力と幻影
その166 アリアーヌ・ラベド&「フィデリオ、あるいはアリスのオデッセイ」/彼女の心は波にたゆたう
その167 Clément Cogitore&"Ni le ciel ni la terre"/そこは空でもなく、大地でもなく
その168 Maya Kosa&"Rio Corgo"/ポルトガル、老いは全てを奪うとしても
その169 Kiro Russo&"Viejo Calavera"/ボリビア、黒鉄色の絶望の奥へ
その170 Alex Santiago Pérez&"Las vacas con gafas"/プエルトリコ、人生は黄昏から夜へと
その171 Lina Rodríguez&"Mañana a esta hora"/明日の喜び、明日の悲しみ
その172 Eduardo Williams&"Pude ver un puma"/世界の終りに世界の果てへと
その173 Nele Wohlatz&"El futuro perfecto"/新しい言葉を知る、新しい"私"と出会う
その174 アレックス・ロス・ペリー&"Impolex"/目的もなく、不発弾の人生
その175 マリアリー・リバス&「ダニエラ 17歳の本能」/イエス様でもありあまる愛は奪えない
その176 Lendita Zeqiraj&"Ballkoni"/コソボ、スーパーマンなんかどこにもいない!
その177 ドミンガ・ソトマヨール&"Mar"/繋がりをズルズルと引きずりながら
その178 Ron Morales&"Graceland"/フィリピン、誰もが灰色に染まる地で
その179 Alessandro Aronadio&"Orecchie"/イタリア、このイヤミなまでに不条理な人生!
その180 Ronny Trocker&"Die Einsiedler"/アルプス、孤独は全てを呑み込んでゆく
その181 Jorge Thielen Armand&"La Soledad"/ベネズエラ、失われた記憶を追い求めて
その182 Sofía Brockenshire&"Una hermana"/あなたがいない、私も消え去りたい
その183 Krzysztof Skonieczny&"Hardkor Disko"/ポーランド、研ぎ澄まされた殺意の神話
その184 ナ・ホンジン&"哭聲"/この地獄で、我が骨と肉を信じよ
その185 ジェシカ・ウッドワース&"King of the Belgians"/ベルギー国王のバルカン半島珍道中
その186 Fien Troch&"Home"/親という名の他人、子という名の他人
その187 Alessandro Comodin&"I tempi felici verranno presto"/陽光の中、世界は静かに姿を変える
その188 João Nicolau&"John From"/リスボン、気だるさが夏に魔法をかけていく
その189 アルベルト・セラ&"La Mort de Louis XIV"/死は惨めなり、死は不条理なり
その190 Rachel Lang&"Pour toi je ferai bataille"/アナという名の人生の軌跡
その191 Argyris Papadimitropoulos&"Suntan"/アンタ、ペニスついてんの?まだ勃起すんの?
その192 Sébastien Laudenbach&"La jeune fille sans mains"/昔々の、手のない娘の物語
その193 ジム・ホスキング&"The Greasy Strangler"/戦慄!脂ギトギト首絞め野郎の襲来!
その194 ミリャナ・カラノヴィッチ&"Dobra žena"/セルビア、老いていくこの体を抱きしめる
その195 Natalia Almada&"Todo lo demás"/孤独を あなたを わたしを慈しむこと
その196 ナヌーク・レオポルド&"Boven is het stil"/肉体も愛も静寂の中で老いていく
その197 クレベール・メンドンサ・フィリオ&「アクエリアス」/あの暖かな記憶と、この老いゆく身体と共に
その198 Rachel Lang&"Baden Baden"/26歳、人生のスタートラインに立つ
その199 ハナ・ユシッチ&「私に構わないで」/みんな嫌い だけど好きで やっぱり嫌い
その200 アドリアン・シタル&「フィクサー」/真実と痛み、倫理の一線
その201 Yared Zeleke&"Lamb"/エチオピア、男らしさじゃなく自分らしさのために
その202 João Viana&"A batalha de Tabatô"/ギニアビサウ、奪われた故郷への帰還
その203 Sithasolwazi Kentane&"Woman Undressed"/ Black African Female Me
その204 Victor Viyuoh&"Ninah's Dowry"/カメルーン、流れる涙と大いなる怒り
その205 Tobias Nölle&"Aloys"/私たちを動かす全ては、頭の中にだけあるの?
その206 Michalina Olszańska&"Já, Olga Hepnarová"/私、オルガ・ヘプナロヴァはお前たちに死刑を宣告する
その207 Agnieszka Smoczynska&"Córki dancingu"/人魚たちは極彩色の愛を泳ぐ
その208 Rosemary Myers&"Girl Asleep"/15歳、吐き気と不安の思春期ファンタジー!
その209 Nanfu Wang&"Hooligan Sparrow"/カメラ、沈黙を切り裂く力
その210 Massoud Bakhshi&"Yek khanévadéh-e mohtaram"/革命と戦争、あの頃失われた何か
その211 Juni Shanaj&"Pharmakon"/アルバニア、誕生の後の救いがたき孤独
その212 済藤鉄腸オリジナル、2010年代注目の映画監督ベスト100!!!!!
その213 アレクサンドラ・ニエンチク&"Centaur"/ボスニア、永遠のごとく引き伸ばされた苦痛
その214 フィリップ・ルザージュ&「僕のまわりにいる悪魔」/悪魔たち、密やかな蠢き
その215 ジョアン・サラヴィザ&"Montanha"/全てはいつの間にか過ぎ去り
その216 Tizza Covi&"Mister Universo"/イタリア、奇跡の男を探し求めて
その217 Sofia Exarchou&"Park"/アテネ、オリンピックが一体何を残した?
その218 ダミアン・マニヴェル&"Le Parc"/愛が枯れ果て、闇が訪れる
その219 カエル・エルス&「サマー・フィーリング」/彼女の死の先にも、人生は続いている
その220 Kazik Radwanski&"How Heavy This Hammer"/カナダ映画界の毛穴に迫れ!
その221 Vladimir Durán&"Adiós entusiasmo"/コロンビア、親子っていうのは何ともかんとも
その222 Paul Negoescu&"O lună în Thailandă"/今の幸せと、ありえたかもしれない幸せと
その223 Anatol Durbală&"Ce lume minunată"/モルドバ、踏み躙られる若き命たち
その224 Jang Woo-jin&"Autumn, Autumn"/でも、幸せって一体どんなだっただろう?
その225 Jérôme Reybaud&"Jours de France"/われらがGrindr世代のフランスよ
その226 Sebastian Mihăilescu&"Apartament interbelic, în zona superbă, ultra-centrală"/ルーマニアと日本、奇妙な交わり
その227 パス・エンシナ&"Ejercicios de memoria"/パラグアイ、この忌まわしき記憶をどう語ればいい?
その228 アリス・ロウ&"Prevenge"/私の赤ちゃんがクソ共をブチ殺せと囁いてる
その229 マッティ・ドゥ&"Dearest Sister"/ラオス、横たわる富と恐怖の溝
その230 アンゲラ・シャーネレク&"Orly"/流れゆく時に、一瞬の輝きを
その231 スヴェン・タディッケン&「熟れた快楽」/神の消失に、性の荒野へと
その232 Asaph Polonsky&"One Week and a Day"/イスラエル、哀しみと真心のマリファナ