鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Lila Avilés&"La camarista"/ままならない人生を生き続けて

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20181129223020p:plain

人生を生き続けるというのはとても難しいことだ。退屈な日常の反復に、それ故積み重なっていく徒労感、そして反復に散りばめられた小さな哀しみと諦めの数々。人生というのは全く思うようには行かない。それでも生きていかなくてはいけない。今回紹介するLila Avilés監督作"La camarista"はそんな人生の1つの側面を豊かに描き出した作品だ。

24歳の女性エベ(Gabriela Cartol)はメキシコシティ有数の高級ホテルで客室係として働いている。毎日朝早くから夜遅くまで働いており、一人息子であるルーベンにも気軽に会うことができない状況が続く。それでも人生が好転することを願いながら不平不満を心に閉じ込めたまま黙々と職務を全うしていく。

まず監督はエベの過ごしている反復の日常を淡々とした筆致で描いていく。トイレや風呂場を一切の汚れが無くなるまで丹念に掃除していく。シーツを綺麗に畳むなどしてベッドを整理整頓する。その合間には友人の元に預けているルーベンに電話をかけて憩いの時を過ごす。そして時には客室を掃除する前に、人々がそこに泊まっている/泊まっていた痕跡を眺めて、彼らの残した小さなゴミをそっとポケットに忍ばせる。

そんなエベはとても内気な、閉じた人間だ。職場には頼れる友人は全くいないし、食事をする時も何をする時にもずっと独りだ。彼女は他者とどうやって付き合っていけばいいのか分からないと、そんな悲壮な雰囲気を纏っているのだ。私たちは冷ややかな反復の中にそんな悲痛な孤独を見出だすことになるだろう。

しかし監督は同時に、それでも何かが変わるかもしれないという予感をも日常の反復の中に浮かび上がらせていく。エベは資格獲得のために通い始めたホテル備え付けの夜間学校でミリアム(Teresa Sánchez)という気の良い女性と知り合いになる。最初はその世話好きな性格に辟易としながらも、段々とその優しさに感化され始める。そしてロミナという宿泊客には赤ちゃんの世話を頼まれ、激務の中でもそこに癒しを見出だすことになる。そういった小さな出会いの数々がここでは繊細に描かれていくのだ。

そしてエベの心は徐々に開き始める。少しずつ、本当に少しずつだけ、歩くような早さでエベは世界へと心を歩み寄らせていくのだ。その歩みが冷淡な反復への埋没から彼女を救いだしていく様は静かな感動を呼び、観る者を魅了していくのだ。

しかしだからこそ人生というもののままならなさの存在すらも際立ち始めるのだ。激務を続けるうち電話越しにルーベンとの距離は離れていき、仕事でも上手く行かないことが続く。そして決定的な出来事が彼女を襲った時、エベの心は過去にないほど震わされることとなる。嬉しいことと悲しいこと、それは片方が連続で起こることは少ない。両方が交互に波打つことになるのだ。だからこそ人生が宿している喜びと残酷さが“”には滲んでいるのである。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20181129223053p:plain

メキシコ!メキシコ!メキシコ!
その1 Elisa Miller &"Ver llover""Roma"/彼女たちに幸福の訪れんことを
その2 Matias Meyer &"Los últimos cristeros"/メキシコ、キリストは我らと共に在り
その3 Hari Sama & "El Sueño de Lu"/ママはずっと、あなたのママでいるから
その4 Yulene Olaizola & "Paraísos Artificiales"/引き伸ばされた時間は永遠の如く
その5 Santiago Cendejas&"Plan Sexenal"/覚めながらにして見る愛の悪夢
その6 Alejandro Gerber Bicecci&"Viento Aparte"/僕たちの知らないメキシコを知る旅路
その7 Michel Lipkes&"Malaventura"/映画における"日常"とは?
その8 Nelson De Los Santos Arias&"Santa Teresa y Otras Historias"/ロベルト・ボラーニョが遺した町へようこそ
その9 Marcelino Islas Hernández&"La Caridad"/慈しみは愛の危機を越えられるのか
その10 ニコラス・ペレダ&"Juntos"/この人生を変えてくれる"何か"を待ち続けて
その11 ニコラス・ペレダ&"Minotauro"/さあ、みんなで一緒に微睡みの中へ
その12 アマ・エスカランテ&「よそ者」/アメリカの周縁に生きる者たちについて
その13 アマ・エスカランテ&「エリ」/日常、それと隣り合わせにある暴力
その14 Betzabé García&"Los reyes del pueblo que no existe"/水と恐怖に沈みゆく町で、生きていく
その15 Natalia Almada&"Todo lo demás"/孤独を あなたを わたしを慈しむこと
その16 Diego Ros&"El Vigilante"/メキシコシティ、不条理な夜の空洞
その17 Dariela Ludlow Deloya&"Esa era Dania"/物語全部がハッピーエンドな訳じゃない、けど
その18 Lindsey Cordero&"Ya me voy"/ニューヨーク、冬のように染み入る孤独
その19 Marcelino Islas Hernadez&"Clases de historia"/心を少しずつ重ねあわせて
その20 Lila Avilés&"La camarista"/ままならない人生を生き続けて