鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

ラトビア・アニメーションの宇宙~Interview with Ieva Viese

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200423160833j:plain

さて、日本の映画批評において不満なことはそれこそ塵の数ほど存在しているが、大きな不満の1つは批評界がいかにフランスに偏っているかである。蓮實御大を筆頭として、映画批評はフランスにしかないのかというほどに日本はフランス中心主義的であり、フランス語から翻訳された批評本やフランスで勉強した批評家の本には簡単に出会えるが、その他の国の批評については全く窺い知ることができない。よくてアメリカは英語だから知ることはできるが、それもまた英語中心主義的な陥穽におちいってしまう訳である(そのせいもあるだろうが、いわゆる日本未公開映画も、何とか日本で上映されることになった幸運な作品の数々はほぼフランス語か英語作品である)

この現状に"本当つまんねえ奴らだな、お前ら"と思うのだ。そして私は常に欲している。フランスや英語圏だけではない、例えばインドネシアブルガリア、アルゼンチンやエジプト、そういった周縁の国々に根づいた批評を紹介できる日本人はいないのか?と。そう言うと、こう言ってくる人もいるだろう。"じゃあお前がやれ"と。ということで今回の記事はその1つの達成である。

今回インタビューしたのはラトビアの批評家であるIeva Viese ヤヴァ・ヴィアセである。彼女は主にアニメーション批評家として活動しており、ラトビア・アニメーションの専門家として広く活躍している。ということで今回は映画ではなくラトビアのアニメーション史に限って、話を聞いてみた。ラトビア・アニメーション史の重要人物や個人的な思い出、未来に巣立っていくだろう新人作家たちなどについて聞いてみた。ラトビア・アニメーションに興味がある方にはぜひ読んでほしい。それではどうぞ。

/////////////////////////////////////////////////////////////

済藤鉄腸:最初に観たラトビアのアニメーションは何ですか? その感想もお聞きしたいです。

ヤヴァ・ヴィアセ:何が最初に観たアニメーションかはハッキリしませんが、覚えているのはRoze Stiebra ロゼ・スティヤブラAnsis Bērziņš アンシス・ベールジニュシュの作品がたくさん入ったVHSをもらって、それをノンストップで観ていたことです。子供ながらに一番感銘を受けたのはRoze Stiebra"Skatāmpanti"(1988)ですね。この映画は超現実的な冒険の物語で主人公が何度も変身していくんです。視点が変わっていきながら、鏡から鏡を渡っていって変身していくなかで今作は日常の論理に対抗していき、しかしそれはとても真実味がありました。物語は4人の登場人物を中心に進んでいくのですが、彼らはルドーというボードゲームをやるために急いでいて、待ち合わせ場所に行くため冒険に出ます。その間彼らはゲームに出てくる色とりどりのトークンが出てきて、ギャングに返信し彼らを襲うんです。今作は不思議の国のアリスのような夢見心地の感触を持っていて、言葉遊びや視覚的な洒落(題名自体も言葉遊びになっていて"Skatāmpanti"は"見つめてくる韻"という意味ですが、それは"童謡"という意味の"skaitāmpanti"が基になっています)があります。そして私は、アニメーションは他のメディアが出来ない形で想像力を捉えることができると確信しました。ですが当時、私はとても夢見心地な子供で、おそらくそれを"想像力"ではなくただ"現実"と思っていたように感じます。

TS:ラトビア・アニメーションの最も際立った特徴は何でしょう? 例えば日本のアニメーションは今敏や他のTVアニメの作家たちに見られる極端なエロティシズムや超現実主義、ソ連のアニメーションはユーリー・ノルシュタインレフ・アタマノフらの民話的、文学的アプローチなどです。ではラトビアのアニメーションに関してはどうでしょう?

IV:ラトビアのアニメーションの最良の特徴はどんどん捉え難くなってきています! しかし表面上幾つかの傾向がありますね。

例えばラトビア・アニメーションは常にとても詩的なリズムを持ち、最もダイナミックな映画に関しても音楽や視覚的な比喩に似た構成を持つ傾向にあります。思うに主な理由は歴史的なものです。1960年代、Roze Stiebraは詩やフォークソングを基に音楽映画を作り始め、そのリズムや反復、全体的な構成はAからBへと向かうリニア的なものというより、視聴覚的なイメージに近いものでした。そして比喩はソ連時代のラトビア芸術にはとても現実的なものでした。何故なら検閲が経験を直接描くことを許さなかったです。当時の詩は象徴的でサブテキストに溢れていましたが、それはドキュメンタリー作品も同じでした。当時リガには詩的ドキュメンタリーに関する有名な学校が存在し、アニメ作家であるAnsis Bērziņšはそこの監督たちと共同し、触発されていました。彼のアニメーション映画、例えば"Bruņurupuči"でカメが傷つく時、直接血が出ずともカゴからレッドベリーが溢れだしたり、太陽が赤みがかった空に輝くという光景が見えてくるでしょう。

最近より若い作家たちは多様なジャンルやコミュニケーションの方法に挑戦していますが、私が思うに彼らの作品には古典や最新の人気作品(Signe Baumane シグネ・バウマネVladimir Lesciov ヴラディミル・レショフEdmunds Jansons エドムンツ・ヤンソンスらの作品です)からの影響があるように思います。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200712075249p:plain
"Bruņurupuči"

TS:ラトビアのアニメーション史において最も重要な作品とは何でしょう? その理由も聞かせてください。

IV:私の意見ではRoze Stiebra"Kabata"(1983)ですね。今作はラトビア最初のプロフェッショナルなアニメーションなんです(彼女が切り絵制作に乗りだす前の作品ですね)しかし他の"最初のセル画"作品とは違い、今作は他の様式を模倣しようとはせず、確立された詩や主義を利用していました。それからArnolds Burovs アルノルツ・ブロフスの作品にも言及するべきでしょう。彼は1960年代にリガの映画スタジオで初めてプロとしてアニメーションを作り始めましたが、その時使っていたのがパペットです。そうして詳細で正確、シリアスな雰囲気の作品を作っていました。

その一方で最も重要なラトビア・アニメーションと"なるはずだった"作品は1920年代にOļģerts Ābelīte オルジェルツ・アーベリーテ"Šitā šeitan dzīvojam"でしょう。彼は後々有名になるのですが、当時は様々なメディアに関わっており、手書きの登場人物やストップモーションを使い映画を作っていました(今はSigne Baumaneに受け継がれています)しかし本作は公開されることなく、最初期の設定やスケッチが書かれたこと以外は何の情報もありません。

TS:1作だけ好きなラトビア映画を選ぶなら、それはどんな作品になりますか? その理由は何でしょう。個人的な思い出がありますか?

IV:私のアニメーションとの関わりという視点から言うと、私が選びたいのはVladimir Leschiov"Spārni un airi"ですね。今作が上映された2009年、私は映画理論を勉強していましたが、そこでアニメーションに注目しようと決意したんです。初めての真剣な論文はLeschiovの作品における詩と技術に関してで、そこからアニメーションは私にとってリサーチ、批評、そしてプロとしての仕事における様々な形態の最も重要な場となりました。

TS:海外において世界のシネフィルに最も有名なラトビア人アニメーターの1人はRoze Stiebraでしょう。"Sēd uz sliekšņa pasaciņa""Kā es braucu Ziemeļmeitas lūkoties"といった彼女の作品を観た時、その魔術的な世界や虹色の超現実主義には本当に驚かされました。しかし彼女や彼女の作品はラトビアで実際どのように評価されていますか?

IV:彼女は今アニメーションを製作している人々全てに直接影響を与えていると思います。 これは誇張しているとは思いません。歴史上においてラトビアには2つほどアニメーションの非公式な学校がありました。Arnords Burovsによるパペットを学ぶ学校、Roze StiebraAnsis Bērziņšによる手書きのアニメーションを学ぶ学校です。思うに彼女が最も影響ある存在ですね。現在、ラトビアには様々な背景を持つアニメーターがいますが、彼らの最初の教師はStiebraであり、彼女の作品を観て育ってきたと思いますし、彼女の映画製作に参加もしています。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200712075433p:plain
"Sēd uz sliekšņa pasaciņa"

TS:そして私の最も好きなラトビア人アニメーターはAnsis Bērziņšです。彼のアニメシリーズ"Fantadroms"は最も可笑しく、ファンタスティックなSFアニメーションの1つでしょう。これを観ていると宇宙を旅する宇宙飛行士になりたいと思わされます。そこで聞きたいのは彼の生涯や他の作品です。ラトビアではとても人気なようですね。あなたにも個人的な思い出がありますか?

IV:Ansis Bērziņšは以前ラトビアのTV局において有名なドキュメンタリー作家でしたが、その頃彼はレーニングラードの演劇映画アカデミーで学んだ、若く野心ある人物Roze Stiebraと出会いました。彼女はアニメーションを作りたかったんです。当時のどちらにもその経験はありませんでしたが、そういった映画を製作する許可を取ろうと奔走した後、生涯のパートナー関係が始まりました。彼らは芸術や哲学、地方性の重要さ、真実味ある作品に関して似たような考えを持っていましたが、監督としては全く異なる視線を持っています。

まず"Fantadroms"に関してですが、私より後の世代に関しては定かではないながら、私が子供の頃"Fantadroms"は何度も何度も放映されており、同じ名前の小さなテーマパークや絵本(作品で使われた本物のセル画も使われていました!)、それから他にも色々な商品があり、私たちにはとても魅力的でした。多くの人々が登場人物を覚えていて、当時は普通の人物に思いましたが、今観るととても奇妙です! 私はBērziņšと登場人物のクリエイターであるAivars Rušmanis アイヴァルス・ルシュマニスにもインタビューしました。

それから"Bruņurupuči""Tālavas taurētājs"(1988)といった作品にはとても思い入れがあります。何故なら子供時代、私はそこに何らかの謎めいた存在を感じていたからです。そこには共同体の協力によってある生が聖性化された精神的次元が存在し、登場人物たちは死後にその姿を現すんです(それは例えばPOVや音楽、隠喩的なイメージとともに)彼のアニメーションは子供にとって恐ろしい印象を与えましたが、心を動かし深く考えさせるものでもありました。

TS:そして海外において、現代ラトビア・アニメーションの最も重要な存在は間違いなくSigne Baumaneでしょう。特に彼女の作品「ロックス・イン・マイ・ポケッツ」は日本において最も人気ある海外アニメーションの1つでもあります。多くの日本人が今作を観て、驚き感銘を受けています。しかし彼女はラトビアの観客によってどのように受け入れられているのでしょう?

IV:ここ最近、彼女の作品に関するポジティブな関心が増えてきているのをとても嬉しく思っています。最初彼女はあまり深く理解されませんでした。彼女の露骨にセクシャルな表現や妥協のない正直さは多くの人々のとって奇妙に映っていました。彼らは共産主義政権の崩壊を目撃はしましたが、その当時パーソナルなことは全て隠さなければならなかったことを忘れられなかったんです。そして芸術は示唆的で象徴的なものに限り、直接的なものは存在しませんでした! そしてアニメーション、それって子供のためのものではないの???と。しかし「ロックス・イン・マイ・ポケッツ」が広く受けいれられたことで、例えばアニメシリーズの"Teat Beat of Sex"など彼女の作品に多くの関心が寄せられ、ラトビア共和国独立記念日が復活したその日に国産映画の1本としてプログラムされるほどになりました。このイベントはとても大きなものです。しかし彼女の映画におけるトカゲの舌、漬物のようなペニスはテレビで放映されるにはまだ!

TS:2010年代も数か月前に終わりました。そこで聞きたいのはこの年代において最も重要なラトビア・アニメーションは何かということです。例えばSigne Baumane"Rocks in My Pockets"Gints Zilbalodis ジンツ・ジルバロディス"Away"Edmunds Jansons"Jēkabs, Mimmi un runājošie suņi"などがありますが。

IV:2010年代は様々な面でラトビア・アニメーションにとって重要でした。まず短編映画が映画祭のサークルにおいて広い観客層を獲得しました。オンラインのプラットフォームの登場で世界的に、アウトドアという形の映画祭での上映、インディーズ上映、他のイニシアティブ(例えば親と小さな子供たちが参加する上映会などです)でラトビアにおいても広く作品が観られています。次に重要なのはこの時代は長編アニメーションの素晴らしい可能性がよって高められたことです。あなたの挙げた3人はその完璧な例で、テーマやスタイル、ビジョンの多様性が彼らによって表現されてきた訳です。私としてはこれらの映画の成功が文化施設を動かし、将来の計画へのファンディングが増えることを願いたいです。

TS:現在のラトビア・アニメーションの現状はどういったものでしょう? 海外からだとそれは良いものに見えます。BaumaneやZilbalodis、Jansonsといった先述の才能が現れ、Ilze Burkovska Jacobsen イルゼ・ブルコフスカ・ヤコブセン"My Favorite War"が由緒あるアヌシー国際映画祭で作品賞を獲得しました。2020年代の幕開けとして素晴らしいものです。しかしラトビア人批評家として、現状をどのように見ているでしょう?

IV:そのスタートがとても有望なことは私も賛成します。それから国立映画センターのアニメーションの専門家として観た作品から判断すると、可能性を持つ新しい計画やアイデアが幾つもあります。ラトビア人として思うのは、いつかパペットやストップモーション作品の新しい波が来るだろうということですね。新しい作家の大部分は手書き/絵具/デジタルというメディアで活動しており、パペット・アニメーションは90年代から抜本的な変化がないんです。当時、Māris Puntniņš マーリス・プントニニュシュやJānis Cimmermanis ヤーニス・ツィンメルマニスがその風刺劇で、Arnolds Burovsのシリアスなパペット作品を打ち倒したんです。しかし現在もパペットの領域で活動している人物もおり、それがAnna Zača アンナ・ザチャSigne Birkova シグネ・ビルコヴァといった作家たちです。

TS:あなたにとって2020年代にブレイクするだろう、ラトビア・アニメーションの新しい才能は誰でしょう? 例えば私はその独特のユーモアセンスからIlze-Ance Kazaka イルゼ=アンツェ・カザカを挙げたいです。あなたのご意見はどうでしょう?

IV:そうですね、Ilze-Ance Kazakaラトビア美術学校に所属する彼女の同級生たちは多くの可能性、そして新鮮で興奮するような映画を作るための正しい道具を持っています! 私は彼女の友人であるMonta Andžejevska モンタ・アンジェイェフスカの、9月に完成する修士号作品を批評しました。その作品はアニメーションの文法といわゆるFPSのとても際立ったスタイルの伝統を融合しています。これらの新しい映画作家たちは深くそのメディアを探求し、よりヒエラルキー的な態度で制作してきた前の世代とは一線を画するだけではなく、より大きなスタジオで作られるのとは違う、全く独特の美術空間に作品を生みだしてきています。アニメーションを描くための道具がより広く使えるようになった時、この深く分析的なメディアとの関係性はより創造的な発明の鍵となるでしょう。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200712075628p:plain
「ロックス・イン・マイ・ポケッツ」