鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Dušan Kasalica&“Elegija lovora”/モンテネグロ、知と特権と祝福と

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20211121233056j:plain

旧ユーゴ圏においてセルビアボスニアといった国々がまず世界で評価されていく中で、今までその力を存分に発揮できなかった国がとうとう脚光を浴びようとしている。まず北マケドニアは2020年において長編ドキュメンタリー「ハニーランド 永遠の谷」アカデミー賞に、しかも長編ドキュメンタリー賞と国際映画賞に同時ノミネートという史上初の快挙を成し遂げるなど世界的な評価が始まっている。

それを上回るのがコソボの大快進撃だろう。紛争によってこの国の映画界はほぼゼロにまで追い詰められたが、独立から10数年間力を蓄え続け、2010年後半より映画祭に次々と作品が選出、かつ多数の賞を獲得するなど、ユーゴ圏・バルカン地域はもとより、世界的に見ても最も勢いあると言っても過言ではなくなっている。これに関しては鉄腸マガジンの“コソボ映画”タグからぜひレビューやインタビューに飛んでもらい、その様を確かめてほしい。

そんななかで最も影が薄かった国がモンテネグロではないか。おそらくモンテネグロと聞いて具体的な作品が浮かぶ人は、相当な映画好きだとしても多くないだろうし、それは映画批評家ですらそうだ。ユーゴ映画ファンならドゥシャン・マカヴェイエフの「モンテネグロ」を思い出すかもしれないが、残念ながら本作はモンテネグロ映画ではない。この鉄腸マガジンではちょくちょくモンテネグロ映画のレビューや映画批評家へのインタビューを掲載しているが、それでもまだまだ情報は少ない。そんな中で1人、興味深い新鋭が現れた訳である。今回はそんなモンテネグロ映画界の新鋭であるDušan Kasalica ドゥシャン・カサリツァ、彼の長編デビュー作品“Elegija lovora”を紹介していこう。

今作の主人公はフィリップ(Frano Lasić フラノ・ラシチ)という中年男性だ。彼は妻であるカタリーナ(Savina Geršak サヴィナ・ゲルシャク)とともに、スウェーデンの山間部に位置する高級ホテルへと赴くことになる。ここで繰り広げられるのは優雅なるひとときだ。壮麗なクラシック音楽を耳にしながら、絶品なるマッサージを施されて、夢心地に微睡んでいく。そして大きなプールで自由に泳ぐこともあれば、外に広がる豊かな自然のなかをのどかに散歩する。とにかく自由で、雅やかな生活を、フィリップは享受することになる。

そんなフィリップは予想できるだろうが特権を傘にした傲慢な知的階級といった存在だ。例えば同じホテルの宿泊客たちと会話を繰り広げる際に、自身の特権性や傲慢さ、そして知的に劣る人々への軽蔑を隠さないままに話し続ける。そして優雅なる日々のなかにも、ふとした瞬間にそういった知的階級のナルシシズムともいうべき代物が首をもたげるのだ。

監督と撮影担当のIgor Đorđević イゴール・ジョルジェヴィチはそんなフィリップの姿を突き放すような視線で以て観察し続ける。彼はただ人生の喜びを享受しているように見えるが、その終りは刻一刻と近づいているように思われる。ホテルの一室ではカタリーナと些細な口喧嘩ばかり繰り広げ、セックスも拒まれる。彼女の心が自分から完全に離れているのに気づいているが、どう関係を修復すればいいのか全く分からない。Đorđevićの撮影は明晰で、フィリップたちの観察模様は凄まじく解像度が高い。このなかでこそ、夫婦仲は静かに破綻していく。

物語が進むにつれて、この観察的態度は自然と長回しというスタイルへと昇華されていく。カメラはフィリップを追跡するように動くが、急ぐことはなく、瞑想的な遅さで動いていき、フィリップの行動や表情の数々が切れ目のない流れとして表現されていくのだ。そしてこの長回しに呼応するように際立ち始めるのはホテルという建築そのものだ。内装には穢れを滅殺されたような無菌的な美が常に宿っている。確かに見かけは美しいが、生きられた痕跡すらも消去されているようだ。おそらくその人間性の殲滅が“高級”というものなのだろう。そしてこういった空間が人間から可能性を奪いとる代わりに、安心をもたらし、これを既得権益として特権階級がしがみ続ける。フィリップもそんな怠惰な人間の1人だが、これにとうとう終りが訪れる訳だ。

フィリップの努力も虚しく、カタリーナは途中で家へと帰ってしまい、独り取り残されてしまう。何とかこの高級ホテルであの優雅なる休暇を続けようとしながらも、ただただ虚無感が募るばかりだ。マッサージの一環で泥を塗られても惨め、若い女性を口説こうとしても無視され惨め、独りでベッドに横たわるのみで惨め。それに耐えきれずに自身も帰宅せざるを得ないが、日常に戻ってきたとしても、破綻の影響は濃厚であり、惨めな虚無感から逃れることができない。

ここから物語は意外な方向へと舵を切る。進退極まったフィリップは故郷へと逃げるように帰省を果たすのだが、そこは鬱蒼たる緑が満ち満ちる森林地域だった。ここでしばらく静養しようとするのだが、彼はこの森林が伐採されていく過程にあることを知る。更にフィリップは謎めいた女性と出会い、自然破壊への反抗を始めることになる。

前半におけるブルジョア階級の皮肉な風刺劇はここで全く奇妙な幻想譚へと変貌していく。この魔術的リアリズムによって監督が成そうとするのは、前半で提示された知の傲慢とナルシズムの傲慢だ。舞台は無菌の美的空間から土と植物で犇めく森林に移り変わり、フィリップは幻惑に揉まれるなかで汚れながら、その内に自然を取り戻していく。“Elegija lovora”はこの驚くべき飛躍によって、知が持つ宿痾としての特権性を克服せんとする1作だ。そして同時に今作は、モンテネグロ映画界の飛躍をも祝福するのだ。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20211121233145j:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その421 「半沢直樹」 とマスード・キミアイ、そして白色革命の時代
その422 Desiree Akhavan&"The Bisexual"/バイセクシャルととして生きるということ
その423 Nora Martirosyan&"Si le vent tombe"/ナゴルノ・カラバフ、私たちの生きる場所
その424 Horvát Lili&"Felkészülés meghatározatlan ideig tartó együttlétre"/一目見たことの激情と残酷
その425 Ameen Nayfeh&"200 Meters"/パレスチナ、200mという大いなる隔たり
その426 Esther Rots&"Retrospekt"/女と女、運命的な相互不理解
その427 Pavol Pekarčík&"Hluché dni"/スロヴァキア、ロマたちの日々
その428 Anna Cazenave Cambet&"De l'or pour les chiens"/夏の旅、人を愛することを知る
その429 David Perez Sañudo&"Ane"/バスク、激動の歴史と母娘の運命
その430 Paúl Venegas&"Vacio"/エクアドル、中国系移民たちの孤独
その431 Ismail Safarali&"Sessizlik Denizi"/アゼルバイジャン、4つの風景
その432 Ruxandra Ghitescu&"Otto barbarul"/ルーマニア、青春のこの悲壮と絶望
その433 Eugen Jebeleanu&"Câmp de maci"/ルーマニア、ゲイとして生きることの絶望
その434 Morteza Farshbaf&"Tooman"/春夏秋冬、賭博師の生き様
その435 Jurgis Matulevičius&"Izaokas"/リトアニア、ここに在るは虐殺の歴史
その436 Alfonso Morgan-Terrero&"Verde"/ドミニカ共和国、紡がれる現代の神話
その437 Alejandro Guzman Alvarez&"Estanislao"/メキシコ、怪物が闇を彷徨う
その438 Jo Sol&"Armugan"/私の肉体が、物語を紡ぐ
その439 Ulla Heikkilä&"Eden"/フィンランドとキリスト教の現在
その440 Farkhat Sharipov&"18 kHz"/カザフスタン、ここからはもう戻れない
その441 Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還
その442 済藤鉄腸の2020年映画ベスト!
その443 Critics and Filmmakers Poll 2020 in Z-SQUAD!!!!!
その444 何物も心の外には存在しない~Interview with Noah Buschel
その445 Chloé Mazlo&"Sous le ciel d'Alice"/レバノン、この国を愛すること
その446 Marija Stonytė&"Gentle Soldiers"/リトアニア、女性兵士たちが見据える未来
その447 オランダ映画界、謎のエロ伝道師「処女シルビア・クリステル/初体験」
その448 Iuli Gerbase&"A nuvem rosa"/コロナ禍の時代、10年後20年後
その449 Norika Sefa&"Në kërkim të Venerës"/コソボ、解放を求める少女たち
その450 Alvaro Gurrea&"Mbah jhiwo"/インドネシア、ウシン人たちの祈り
その451 Ernar Nurgaliev&"Sweetie, You Won't Believe It"/カザフスタン、もっと血みどろになってけ!
その452 Núria Frigola&"El canto de las mariposas"/ウイトトの血と白鷺の記憶
その453 Andrija Mugoša&"Praskozorje"/モンテネグロ、そこに在る孤独
その454 Samir Karahoda&"Pe vand"/コソボ、生きられている建築
その455 Alina Grigore&"Blue Moon"/被害者と加害者、危うい領域
その456 Alex Pintică&"Trecut de ora 8"/歌って踊って、フェリチターリ!
その457 Ekaterina Selenkina&“Detours”/モスクワ、都市生活者の孤独
その458 Barbora Sliepková&“Čiary”/ブラチスラヴァ、線という驚異
その459 Laurynas Bareiša&“Piligrimai”/巡礼者たち、亡霊たち
その460 Romas Zabarauskas&“Advokatas”/リトアニア、特権のその先へと
その461 Hannah Marks&“Mark, Mary & Some Other People”/ノン・モノガミーについて考える
その462 Zvonimir Grujić&“Pomoz bog”/モンテネグロ、お金がない!
その463 Marinos Kartikkis&“Senior Citizen”/キプロス、老いの先に救いはあるか?
その464 Agustín Banchero&"Las vacaciones de Hilda"/短い夏、長い孤独
その465 Elitza Gueorguieva&“Un endroit silencieux”/別の言葉で書くということ
その466 Azer Guliev&“Tengnefes”/アゼルバイジャン、肉体のこの苦痛