鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Damien Hauser&“Blind Love”/ケニアのロマコメは一味違う!

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20211124165704j:plain

さて、ケニア映画である。調べてみると、あれだけ日本未公開映画を紹介しているのに、ケニア映画に関しては1本も紹介していないという事実が発覚し、驚いてしまった。それくらい新作ケニア映画に遭遇するのは難しいことであると言えるのかもしれない。だがここで、日本未公開ケニア映画を紹介できることを嬉しく思う。そしてその1本はマジでとんでもない映画と言わざるを得ない代物だった。今回は先日のタリン・ブラックナイト映画祭でプレミア上映された、ケニア系スイス人のDamien Hauser ダミアン・ハウザーによる長編デビュー作“Blind Love”を紹介していこう。

今作の主人公はブライアン(Mr. Legacy)という青年である。彼は目が見えず、障害児のための学校に通っていたのだが、そこでアベル(Jacky Amoh)という少女と出会い、助けてもらうことになる。そこから交流を深め始めるのだが、2人の関係がもどかしいまでに難しいものとなっているのは、アベルもまた耳が聞こえないという障害を抱えているからだった。

序盤においてはそんな2人の恋模様が描かれる。障害を持つ者同士のロマンスだと、特に日本の映像作品などでは辛気臭く感傷的に描かれがちだが、ここではそれが良い意味であっけらかんと描かれている。ブライアンは声で喋るが、アベルは耳が聞こえないので伝わらない。アベルは手話で喋るが、ブライアンは目が見えないので伝わらない。この状態で互いの思いを伝えようとして、2人はもうとにかくワチャワチャ動きまくる。手を動かし、足を動かし、互いに触れて、表情を変えては変える。障害はありながら、それを苦としない明るさが、初々しい愛となって輝き、観客を思わず笑わせていく。

Hauser監督が兼任する撮影は、そんな2人の動きの数々を途切れのない流れとして捉えるためか、長回しが主体となっている。手振れを伴いながら被写体に肉薄したり、距離を取りながら横移動でその動きを撮しだしていくのだ。そうしてスクリーンに浮かびあがるブライアンとアベルの姿には生命力が溢れている。今作が優れているのは、彼らが互いを理解するための涙ぐましい努力、愛するための過程をこうしたアクション主体で描きだそうと常に試みるからだ。今作はロマンティック・コメディであると同時に、アクション映画なんだと言いたくなる欲望すらも抱く。

そしてこういった物語の常として、やはり2人の恋路を邪魔する存在が現れる。ブライアンに敵意を抱いてアベルを寝取ろうとする男性、逆にブライアンが好きだからこそアベルから彼を奪おうとする女性、2人のせいで関係性は大きく荒れ狂う。だが彼ら以上に大きな障壁となる存在がいるのにも観客は気づくだろう。それこそが酒である。そもそもブライアンが盲目になった理由は、工業用エチルアルコールを飲んだせいで目が潰れてしまったという頗る不穏な理由だ。それで弟を失った挙げ句、ブライアンはアルコール中毒にもなり、いつでも酒を飲み続ける。これがアベルに不信感を抱かせる一員ともなるのだ。

だが酒が2人にもたらすのはそういった不幸だけではない。ある日、2人が新しい酒を一緒に飲むのだが、酩酊の後に夢の世界で2人は再会することになる。しかも障害はさっぱり消えて、交流には何の支障も無くなるのだ。ブライアンたちは夢の世界で何の気兼ねもなく会話を始める。家族について、部屋のリノベーションについて、自分たちの未来について。そしてこの夢のひとときから帰ると、障害は元に戻っている。あの夢を追いまた酒を飲み、あの夢を追いまた酒を飲み……

読者の方々も、このロマンティック・コメディの流れが妙な方向に舵を切り始めたと思うかもしれないが、いや本当にここから全く異様としか言い様がない展開へと進んでいくことになる。Hauser監督は脚本まで兼任している(というか監督、製作、脚本、撮影、編集、音楽、音響全て兼任)のだが、脚本家としての彼は何というか、自由すぎる。物語に、ここではネタバレしたくない様々な要素を闇鍋的にブチこんでいき、整合性などかなぐり捨てたような何だかスゴいものを提示してくる。そして観客を予想もできない地点へ連れていってしまう。少なくとも私は後半部から驚愕の連続で、口をあんぐり開けるしかなかった。

だが今作の支離滅裂な展開の数々に、不思議な一貫性を感じてしまうのは、おそらく物語の核に酒と酩酊という、予想できなさを象徴するものが据えられているからだろう。この存在はブライアンたちにとって支離滅裂なまでに多様な表情を見せる。あの障害から解き放たれた夢を見せてくれる陶酔、ブライアンから視覚を奪い取る劇薬、そして登場人物たちに異常な選択をさせる気まぐれな悪魔。私たちも酒に呑まれて、説明しがたい奇矯な行為に打ってでてしまったことは何度もあるのではないか。これがそのまま物語として顕現しているのが今作であると言える。だから支離滅裂さに不思議な一貫性、論理、何より破格の魅力を感じてしまうのだ。

とか冷静に書いているが、正直今でもその衝撃が抑えられないでいる。あの微笑ましいロマンティック・コメディがまさかこんなことになってしまうなんて。毎年自分でも呆れるほど大量の映画を観ており、今年も世界各国の映画を観まくってきたわけだが、“Blind Love”は間違いなく今年1番の問題作だ。本当に必見である。いやマジで何だったんだ、あの映画一体……

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20211124165719j:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その421 「半沢直樹」 とマスード・キミアイ、そして白色革命の時代
その422 Desiree Akhavan&"The Bisexual"/バイセクシャルととして生きるということ
その423 Nora Martirosyan&"Si le vent tombe"/ナゴルノ・カラバフ、私たちの生きる場所
その424 Horvát Lili&"Felkészülés meghatározatlan ideig tartó együttlétre"/一目見たことの激情と残酷
その425 Ameen Nayfeh&"200 Meters"/パレスチナ、200mという大いなる隔たり
その426 Esther Rots&"Retrospekt"/女と女、運命的な相互不理解
その427 Pavol Pekarčík&"Hluché dni"/スロヴァキア、ロマたちの日々
その428 Anna Cazenave Cambet&"De l'or pour les chiens"/夏の旅、人を愛することを知る
その429 David Perez Sañudo&"Ane"/バスク、激動の歴史と母娘の運命
その430 Paúl Venegas&"Vacio"/エクアドル、中国系移民たちの孤独
その431 Ismail Safarali&"Sessizlik Denizi"/アゼルバイジャン、4つの風景
その432 Ruxandra Ghitescu&"Otto barbarul"/ルーマニア、青春のこの悲壮と絶望
その433 Eugen Jebeleanu&"Câmp de maci"/ルーマニア、ゲイとして生きることの絶望
その434 Morteza Farshbaf&"Tooman"/春夏秋冬、賭博師の生き様
その435 Jurgis Matulevičius&"Izaokas"/リトアニア、ここに在るは虐殺の歴史
その436 Alfonso Morgan-Terrero&"Verde"/ドミニカ共和国、紡がれる現代の神話
その437 Alejandro Guzman Alvarez&"Estanislao"/メキシコ、怪物が闇を彷徨う
その438 Jo Sol&"Armugan"/私の肉体が、物語を紡ぐ
その439 Ulla Heikkilä&"Eden"/フィンランドとキリスト教の現在
その440 Farkhat Sharipov&"18 kHz"/カザフスタン、ここからはもう戻れない
その441 Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還
その442 済藤鉄腸の2020年映画ベスト!
その443 Critics and Filmmakers Poll 2020 in Z-SQUAD!!!!!
その444 何物も心の外には存在しない~Interview with Noah Buschel
その445 Chloé Mazlo&"Sous le ciel d'Alice"/レバノン、この国を愛すること
その446 Marija Stonytė&"Gentle Soldiers"/リトアニア、女性兵士たちが見据える未来
その447 オランダ映画界、謎のエロ伝道師「処女シルビア・クリステル/初体験」
その448 Iuli Gerbase&"A nuvem rosa"/コロナ禍の時代、10年後20年後
その449 Norika Sefa&"Në kërkim të Venerës"/コソボ、解放を求める少女たち
その450 Alvaro Gurrea&"Mbah jhiwo"/インドネシア、ウシン人たちの祈り
その451 Ernar Nurgaliev&"Sweetie, You Won't Believe It"/カザフスタン、もっと血みどろになってけ!
その452 Núria Frigola&"El canto de las mariposas"/ウイトトの血と白鷺の記憶
その453 Andrija Mugoša&"Praskozorje"/モンテネグロ、そこに在る孤独
その454 Samir Karahoda&"Pe vand"/コソボ、生きられている建築
その455 Alina Grigore&"Blue Moon"/被害者と加害者、危うい領域
その456 Alex Pintică&"Trecut de ora 8"/歌って踊って、フェリチターリ!
その457 Ekaterina Selenkina&“Detours”/モスクワ、都市生活者の孤独
その458 Barbora Sliepková&“Čiary”/ブラチスラヴァ、線という驚異
その459 Laurynas Bareiša&“Piligrimai”/巡礼者たち、亡霊たち
その460 Romas Zabarauskas&“Advokatas”/リトアニア、特権のその先へと
その461 Hannah Marks&“Mark, Mary & Some Other People”/ノン・モノガミーについて考える
その462 Zvonimir Grujić&“Pomoz bog”/モンテネグロ、お金がない!
その463 Marinos Kartikkis&“Senior Citizen”/キプロス、老いの先に救いはあるか?
その464 Agustín Banchero&"Las vacaciones de Hilda"/短い夏、長い孤独
その465 Elitza Gueorguieva&“Un endroit silencieux”/別の言葉で書くということ
その466 Azer Guliev&“Tengnefes”/アゼルバイジャン、肉体のこの苦痛
その467 Dušan Kasalica&“Elegija lovora”/モンテネグロ、知と特権と祝福と
その468 Damien Hauser&“Blind Love”/ケニアのロマコメは一味違う!