鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

モンテネグロ映画史の官能~Interview with Zerina Ćatović

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200210020816j:plain

さて、日本の映画批評において不満なことはそれこそ塵の数ほど存在しているが、大きな不満の1つは批評界がいかにフランスに偏っているかである。蓮實御大を筆頭として、映画批評はフランスにしかないのかというほどに日本はフランス中心主義的であり、フランス語から翻訳された批評本やフランスで勉強した批評家の本には簡単に出会えるが、その他の国の批評については全く窺い知ることができない。よくてアメリカは英語だから知ることはできるが、それもまた英語中心主義的な陥穽におちいってしまう訳である(そのせいもあるだろうが、いわゆる日本未公開映画も、何とか日本で上映されることになった幸運な作品の数々はほぼフランス語か英語作品である)

この現状に"本当つまんねえ奴らだな、お前ら"と思うのだ。そして私は常に欲している。フランスや英語圏だけではない、例えばインドネシアブルガリア、アルゼンチンやエジプト、そういった周縁の国々に根づいた批評を紹介できる日本人はいないのか?と。そう言うと、こう言ってくる人もいるだろう。"じゃあお前がやれ"と。ということで今回の記事はその1つの達成である。

今回インタビューしたのはモンテネグロ映画史の研究者Zerina Ćatović ゼリナ・チャトヴィチである。彼女は旧ユーゴ圏を含めた南東欧の映画におけるトラウマ的な記憶について研究している人物であり、特に彼女のŽivko Nikolić ジヴコ・ニコリッチ作品に関する論文"Balkan Cinema Identity as Consequence of Postcolonialism: the example of Montenegrin director"は有名だ。ということでそんな彼女にモンテネグロ映画の過去・現在・未来について聞いてみた。以前掲載した映画批評家Maja Bogojević マヤ・ボゴイェヴィチインタビュー記事も併せて読んでくれれば、モンテネグロ映画史の一端が明らかになっていくのではないかと思う。それではどうぞ。

////////////////////////////////////////

済藤鉄腸(TS):まずどうして映画の専門家になりたいと思ったんですか? それをどうやって成し遂げましたか?

ゼリナ・チャトヴィチ(ZC):私は元々文化の歴史について研究していました。この間に、映画は社会における変化が反映されるベストなメディアだと分かったんです。それからアカデミーでの人生を急旋回させて、映画をサンプルとする文化的研究を行うようになったんです。

TS:映画に興味を持った際、どんな映画を観ていましたか? そして当時モンテネグロではどんな映画を観ることができましたか?

ZC:とても小さなマーケットながら、モンテネグロはいつでも他のより大きな産業に開かれていました。特にここ15年はどんな映画でも観ることができます。アメリカの娯楽大作から世界中で作られている小規模なインディーズ映画までです。10代の頃に映画に興味を持ち始めましたが、その時は70年代80年代のユーゴスラビア映画に没頭していました。それらはユーゴスラビアで広く受けいれられ、愛されてきており、地方のTVチャンネルで何度も放映されていたんです。

TS:モンテネグロ映画における最も際立った特徴はなんでしょう? 例えばフランス映画は愛の哲学、ルーマニア映画は徹底したリアリズムと黒いユーモアがあります。ではモンテネグロ映画はどうでしょう?

ZC:まず言っておくべきはモンテネグロの映画監督には制限があるのが普通だったということです。社会的・金銭的条件が彼らに制約を与え、そのせいで彼らは十分に可能性や創造性を発揮できなかったんです。そして彼らの作品はユーゴスラビアの異なる観客の間で引き裂かれていました。しかし我々の映画の象徴を語るなら、それはおそらく"芸術的視覚性とフレーミングの鮮やかさ"ということになるでしょう。

TS:モンテネグロの外側において、世界のシネフィルに最も有名なモンテネグロ人作家はŽivko Nikolićでしょう。"Jovana lukina""U ime naroda"といった彼の作品はとても力強く奇妙な傑作であり、モンテネグロの文化がいかに豊かかを教えてくれます。しかし実際にモンテネグロではどう評価されているのでしょうか?

ZC:モンテネグロ人の大部分はZivko Nikolicが最も創造的で才能ある、知的な芸術家であると言うでしょう。彼の作品は何度観てもいつも同じ注目と悲しみ、笑いとともに迫ってくるんです。その美しい映画の数々の層のなかにはいつであっても新しい何かが存在しているんです。しかし以前私たちは彼の価値に気づいていませんでした。Nikolicは貧困のなかで亡くなり、私たちは多くの罪を負っています。そしてその死から20年後、とうとう私たちは彼を敬愛し始めたんです。

TS:モンテネグロ映画について調べている際、私はあなたの論文"Balkan Cinema Identity as Consequence of Postcolonialism: the example of Montenegrin director"を見つけました。それに感銘を受け、私はNikolic作品の表層しか見れていなかったと悟りました。あなたはどのように彼の作品を発見し、この素晴らしい論文を執筆しようと思ったんですか?

ZC:Nikolićについてはたくさんのことを書いてきました。修士号でも博士号でも彼について書き続けてきました。その選択はとてもシンプルなものでしたが、彼について執筆する研究者はとても多かったです。何故なら彼の作品はモンテネグロの景色や伝統に根ざしており、文化人類学的研究において際立った源と成りうるからでした。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200608004627j:plain
"Jovana Lukina"

TS:論文を読んだ時、感銘を受けたのはモンテネグロ映画やNikolićの作品が、エドワード・サイードオリエンタリズム理論と、大胆で興奮させられる形で繋げられていたからです。どのようにしてこのアイデアは生まれたのでしょう?

ZC:バルカン半島に生きる人々は世紀を通じて、様々な植民地的態度と戦うことを運命づけられていました。これは映画にも適用できます。サイードの作品はアカデミックな領域では鋭く批判されていますが、それでも南東ヨーロッパの脱殖民地理論において再考するべき要素が多く存在します。現代の映画においてもです! 文化的アイデンティティーに関する歴史的分析を綴った以前の研究が、私にバルカンの芸術やメディアを更に探求する勇気をくれました。そうして私は自己オリエント化についての研究を続けることを決意したんです。

TS:Živko Nikolić作品で最も際立った特徴の1つは多様な官能性です。それは時おり神々しくも残酷で("Jovana lukina")、それは時おり荒涼として詩的です("Iskušavanje đavola")。Nikolicの作品における官能性は何が源だと思いますか? 彼自身の性格、モンテネグロの文化、もしくは他の何かですか?

ZC:Nikolicの官能性と女性の性への傾倒はとても型破りなものです。彼の作品の官能性は権威や古い存在、家父長制、マチズモなどへの反抗であり戦いであるんです。時おり官能性の利用が成功していない時もありますが、愛と性を固定観念と神話の破壊に駆使するのは彼のトレードマークです。それがモンテネグロ社会の伝統主義に対する反乱であり、皮肉的な態度なんです。

TS:あなたの最も好きなNikolić作品は何ですか? それは何故でしょう。何か個人的な理由がありますか?

ZC:これはあなたの先の言葉にも関連しますが、素晴らしく力強い女性像という意味で"Jovana Lukina"が私の好きな作品になりますね。今作のヒロインには真実味があり、誇り高く、創造性に溢れています。彼女は誰かの妻という従属を運命づけられていますが、映画を通じて彼女は伝統的な共同体や教会、権威や男性中心主義的な文化と戦おうとするんです。この地域、もしくはモンテネグロ映画一般に興味がある方にはNikolićのドキュメンタリー映画もオススメします。そこで描かれる世界もまた素晴らしいものです!

TS:2010年代も数か月前に終りを告げました。そこで聞きたいのは、2010年代に最も重要なモンテネグロ映画は何かということです。例えばIvan Marinović イヴァン・マリノヴィチ"Igla ispod praga"Ivan Salatić イヴァン・サラティチ"Ti imaš noć"Marija Perović マリヤ・ペロヴィチ"Grudi"などがあります。しかしあなたのご意見は?

ZC:どんな映画も、例えそれが最悪の作品だとしても、小さなマーケットにおいては必要不可欠です。新しい世紀のモンテネグロ映画は全て、例えばGojko Berkuljan ゴイコ・ベルクリャン"Iskra"Nemanja Bečanović ネマニャ・ベチャノヴィチ"Posljednje poglavlje"Nikola Vukčević ニコラ・ヴクチェヴィチ"Djecaci iz ulice Marksa i Engelsa"などは近隣国との共同制作として作られています。あなたの挙げた作品に関しては……主だった瑕疵はあれどもなかなかの作品ではあります。私の考えでは、この地域は素晴らしいインスピレーションと材料を与えてくれます。モンテネグロは未だに映画的なアイデンティティーを建設途中であり、多くの語られるべき力強い物語があり、その方法にも美しいものがたくさんあります。それでも1作選ぶなら、Aleksa Stefan Radunovic アレクサ・ステファン・ラドゥノヴィチによる低予算のアマチュア映画"Lijenstina"を選びます。素晴らしくキュートで鮮烈な映画です。

TS:モンテネグロ映画において最も注目すべき新しい才能は誰でしょう? 例えば外側からは、荒涼としながら美しいリアリズムという意味でDušan Kasalica ドゥシャン・カサリツァを、深いヒューマニズムという意味でSenad Šahmanović セナド・シャフマノヴィチを挙げたいです。しかしあなたのご意見は?

ZC:この国の映画祭からは注目すべき若い学生たちの作品が上映されています……短編やドキュメンタリー映画に関する彼らの才能は卓越したものであり、彼らの時代はもうすぐやってくると確信しています。なので、時が経ち本物の星々が現れるのを待ちましょう。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200608004656j:plain
"Lepota poroka"