鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

広大たるスロヴェニア映画史~Interview with Petra Meterc

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200117131455p:plain

さて、日本の映画批評において不満なことはそれこそ塵の数ほど存在しているが、大きな不満の1つは批評界がいかにフランスに偏っているかである。蓮實御大を筆頭として、映画批評はフランスにしかないのかというほどに日本はフランス中心主義的であり、フランス語から翻訳された批評本やフランスで勉強した批評家の本には簡単に出会えるが、その他の国の批評については全く窺い知ることができない。よくてアメリカは英語だから知ることはできるが、それもまた英語中心主義的な陥穽におちいってしまう訳である(そのせいもあるだろうが、いわゆる日本未公開映画も、何とか日本で上映されることになった幸運な作品の数々はほぼフランス語か英語作品である)

この現状に"本当つまんねえ奴らだな、お前ら"と思うのだ。そして私は常に欲している。フランスや英語圏だけではない、例えばインドネシアブルガリア、アルゼンチンやエジプト、そういった周縁の国々に根づいた批評を紹介できる日本人はいないのか?と。そう言うと、こう言ってくる人もいるだろう。"じゃあお前がやれ"と。ということで今回の記事はその1つの達成である。

今回インタビューしたのはスロヴェニア映画批評家Petra Meterc ペトラ・メテルツである。彼女はポーランド語・英語の翻訳家として活動するとともに、映画雑誌Ekranなどに映画批評を執筆する、スロヴェニア期待の批評家である。そんな彼女に今回はスロヴェニア映画史、2010年代の最も重要なスロヴェニア映画、スロヴェニアにおける映画批評の現在などについて聞いてみた。日本では知ることのできなかった情報が勢ぞろいである。東欧映画好き、スロヴェニア好きにはぜひ読んでもらいたい。

/////////////////////////////////////////////

済藤鉄腸(TS):最初にどうして映画評論家になろうと思ったんですか? そしてどのようにそれを叶えましたか?

ペトラ・メテルツ(PM):自分はいつだって映画が好きでした。なのでラジオ局Radio Študentに勤め始めてから、地方の映画祭に参加しようと思ったんです。とても楽しいものでしたね。若い映画評論家を育成するBerlinale Talent PressやIFFR Trainee Programmeに参加した経験は、この仕事を続けようという意欲を刺激してくれました。映画を観ること、文章としてそれについて書くことは大好きでした。映画を観れば観るほど、書くのが興味深い行為になるんです。自分は映画についてではなく言語と文学を勉強しました。スロヴェニアには勉強する場がなかったからです。なので他の評論家と同様に独学で勉強してきました。

TS:映画に興味を持った頃、どんな映画を観ていましたか? 当時スロヴェニアではどのような作品を観ることができましたか?

PM:映画への興味がより強くなったのは、リュブリャナに引っ越した後、地方の映画祭やスロヴェニアシネマテークに行くようになった頃でしょうか。ここでは古典映画とともにたくさんのインディー映画や実験映画にも触れることができました。それから大学生の頃、2つ専攻していた科目のうちの1つがポーランド語と文学だったんですが、それはポーランドのドキュメンタリーに深く嵌っていたからです。クシシュトフ・キェシロフスキMarcel Łoziński マルツェル・ウォジンスキらの作品です。ウォジンスキの短編作品"Wizyta"(1974)を観た時、映画が私をいかに感動させるかを発見したんです。

TS:初めて観たスロヴェニア映画はなんですか? どのような感想を持ちましたか?

PM:子供の頃に何度も観たと思い出せる作品はFrance Štiglic フランツェ・シュティグリッツによるパルチザン映画"Ne joči, Peter"(1964)です。多くのスロヴェニアもしくはユーゴスラビア映画と同じく、今作は第2次世界大戦が舞台であり、3人のパルチザンが3人の子供をドイツ兵から匿いながら安全地帯へ連れていくという内容でした。様々に物語が展開するロードムービーでした。作品がどのように戦争を描くかに興味がありましたが、同時にとても笑えるものでした。今でも多くのスロヴェニア人がそのジョークを言えるほどです。自分はエンディングも好きです。旅の途中、あるパルチザンの男性が同じくパルチザンである女性に出会い、当然のように女なのに戦争で戦っているのかとからかい、彼女の能力に疑いの目を向けます。しかし最後、皮肉にも彼女が自身の新しい司令官だったと判明するんです。パルチザンという流れにおける女性への魅力的なオマージュでもありました。

TS:あなたにとってスロヴェニア映画の最も際立った特徴はなんですか? 例えばフランス映画における愛の哲学、ルーマニア映画における徹底したリアリズムと黒いユーモア……スロヴェニア映画についてはどうでしょう?

PM:1つの特徴だけでスロヴェニア映画については語ることは私にはできません。諺が言うように、トーンとしては少し鬱々としていますが、ある時期におけるスロヴェニア映画、特に90年代の民主主義への移行期にはそれが唯一の真実であると思います。それから……電車と駅! 思うに多くのスロヴェニア映画には電車か駅の場面があります。この場面が私たちについて語っているかは定かじゃありませんけどね(笑) 際立った能力といえばインディーズ映画によるこの国への固定概念や期待を否定する力でしょうか。

TS:スロヴェニアの外側から見ると、世界のシネフィルにとって最も有名な作家はBoštjan Hladnik ボシュチャン・フラドニクでしょう。彼の作品"Ples v dežju"はその抒情性や新鮮さにおいて最も有名なスロヴェニア映画でしょう。しかし、スロヴェニアにおいて彼はどのように評価されているでしょう?"

PM:Hladnikは疑いなくスロヴェニアの映画監督で最も重要な人物の1人です。彼の"Ples v dežju"は20世紀のスロヴェニア映画で最も力強い作品の1つであり、モダニズムを私たちの映画史に導入したんです。芸術家として、彼は"恐るべき子供"というべき人物であり続けました。常にタブーを破っていき、特に60年代には彼は雄弁で議論を巻き起こす人物と見做されていました。

TS:スロヴェニア映画史において最も重要なスロヴェニア映画はなんでしょう? そしてその理由は?

PM:意見は様々です。ある人はHladnikの"Ples v dežju"を挙げるでしょうし、2005年には映画評論家たちによって最も重要なスロヴェニア映画に選ばれました。そしてある人はFrantišek Čap フランチシェスク・チャプによる"Vesna""Ne čakaj na maj"などを挙げるでしょう。いつまでも色褪せないこの作品たちを老若男女誰もが楽しんでいます。それからKarpo Godina カルポ・ゴディナの実験的なテーマを持った"Splav Meduze"や、Živojin Pavlović ジヴォイン・パヴロヴィチの政治的作品"Nasvidenje v naslednji vojni"を挙げる人もいます。さらにもちろん最初のスロヴェニア映画であるFrance Štiglic監督の"Na svoji zemlji"や、彼のほかの作品"Dolina miru"もあります。どちらもパルチザン映画です。2019年にはŠtiglicの生誕100周年を迎えましたが、彼もまたスロヴェニア映画史において最も重要な映画作家と言えるでしょう。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200117131607p:plain

TS:最も好きなスロヴェニア映画はなんですか?その理由も教えてください。

PM:1つ選ぶのは難しいですね。先の質問で古典については答えたので、私の成長した時期である90年代に出てきた作品を挙げたいと思います。鬱々とした作品ではないですよ。 Maja Weiss マヤ・ワイス"Fant pobratim smrti"(1991)は最も好きなスロヴェニアのドキュメンタリーの1つです。映画はウクライナチェルノブイリからやってきた少年の境遇を描く共に、彼が直面するスロヴェニアの新たな政治的局面を描いてます。信じられないほど素晴らしいんです。Andrej Košak アンドレイ・コシャク"Outsider"(1997)は80年代のパンクシーンやユーゴスラビアが崩れていく前の時期を印象的に描いています。それからJanez Burger ヤネス・ブルゲル"V leru"(1999)は過去に生きていた学生たちが日々を無為に過ごす様を甘く描き出した魅力的な作品です。そしてDamjan Kozole ダミヤン・コゾレ"Rezervni deli"(1997)は密輸業者の視点から移民について鋭く描き出しています。ヨーロッパで問題になる遥か前に作られたんです。

TS:2010年代が数日前に終わりました。そこで聞きたいのは2010年代の最も重要な作品はなんでしょう。例えばRok Biček ロク・ビチェク"Razredni sovražnik"Vlado Škafar ヴラド・シュカファル"Mama"Gregor Božič グレゴル・ボジッチ"Zgodbe iz kostanjevih gozdov"……あなたの意見は?

PM:思うにMatjaž Ivanišin マティヤシュ・イヴァニシンのドキュメンタリー"Playing men"(2017)と、最新のフィクション作品"Oroslan"はとても重要な作品です。それからNika Autor ニカ・アウトル"V deželi medvedov"(2012)やファウンド・フッテージものの"Obzornik 63"(2017)はヴェネチア国際映画祭で上映された重要作です。最も新鮮な作品の1つはDarko Štante ダルコ・シュタンテ"Posledice"でしょう。

TS:スロヴェニアにおける映画批評の現状はどのようなものでしょう? 日本においてはその実情をほとんど窺い知ることができません。なので日本の映画好きもその現状を知りたがっています。

PM:スロヴェニア映画批評家フリーランスがほとんどで、生計を立てるのはいつだって困難です。不幸なことに新聞は映画レビューを短くしてしまいました。それでも私たちの映画批評は鮮やかに輝いています! 私たちにはEkranとKino!という2つの映画雑誌があり、そこで批評を深めています。それから新しいメディアもたくさん登場していますーー例えば、女性評論家で構成された映画のポッドキャストFilmflowです。

若い批評家の厚い層もあって批評をたくさん書き、海外へ映画祭に参加しにいったり、新しい視点を導入しようと活動しています。私の同僚の多くも若手育成プログラムに参加しており、素晴らしい経験をしています。それからスロヴェニア映画批評連盟(国際映画批評家連盟スロヴェニア支部です)がとても活動的で、面白いアイデアと熱意に溢れた若者たちがたくさん参加しています。連盟がもたらしてくれるのは共同体です。仕事において互いに支えあっています。そのおかげで私は映画批評の未来に楽観や楽しさを感じています。

私たちの世代に大きな影響を与えたのはNika Bohinc ニカ・ブヒンツという人物です。10年前フィリピンで亡くなってしまい、個人的には知らないのですが、同僚の多くが自身に影響を与えた最も重要な人物と考えています。彼女は多くの知識や熱意を若い世代に残してくれたんです。

こんにち、私たちには映画雑誌Kino!の編集者であるMaja Krajnc マヤ・クランツの映画批評ワークショップもあります。彼女は次世代の映画評価を教育するため心血を注いでいます。

TS:前の質問に関連して、あなたは映画雑誌Ekranに記事を書いていますね。日本の読者にこの雑誌について説明していただけないでしょうか。スロヴェニアの映画批評においてはどのように機能しているのでしょうか。

PM:Ekranは2ヵ月に1度発売される雑誌で、メインストリームからインディーズ映画、実験映画まで幅広い映画を網羅しています。ここのために記事を書く批評家のグループがあって、興味を抱かせる物事について探求してるんです。だから編集者が仕事を与えるだけでなく、自分たちでも記事案を提案しながら相互的に作られているんです。

TS:現在のスロヴェニア映画はどんな状況にありますか? 外部から見ると好調のように思えます。新しい才能が有名な映画祭に現れているからです。例えばロカルノにはMatjaž IvanišinトロントにはGregor Božičです。しかし内部から見ると、現状はどのように見えるでしょう?

PM:スロヴェニア映画界にはたくさんの素晴らしい才能がいます、特に若い世代には。現状は、他の多くの国でもそうだと思いますが、いつも資金調達に苦労しています。若い世代やより独立的な作家たちが資金を調達するのは本当に難しいと感じます。ですがより多くの女性作家たちがサポートしあい、自身の映画を作るきっかけを作りあっている現状もあるんです。

TS:あなたにとって、スロヴェニア映画の最も注目べき新たな才能は誰でしょう? 例えば外部の人間としてはPeter Cerovšek ペテル・チェロシェクIvana Vogrinc Vidali イヴァナ・ヴォグリンツ・ヴィダリの名前を挙げたいです。両者は親密なリアリズムや神々しい抒情性によってドキュメンタリーの規範を破る作品を作っています。

PM:他にも、今はプラハのFAMUで映画について勉強しているLun Sevnik ルン・セウニクがいます。彼は2018年に"Voyage Voyage"スロヴェニア映画祭の学生映画部門で作品賞を獲得しました。それから今年、新作の"Igra"でカルロヴィ・ヴァリ映画祭のFuture Frames programmeに選ばれました。彼は今後も注目すべき才能だと思います。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200117131647p:plain