鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

悲しい週末にさよならを~Interview with Lida Vartzioti & Dimitris Tsakaleas

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200605183558j:plain

さて、このサイトでは2010年代に頭角を表し、華麗に映画界へと巣出っていった才能たちを何百人も紹介してきた(もし私の記事に親しんでいないなら、この済藤鉄腸オリジナル、2010年代注目の映画監督ベスト100!!!!!をぜひ読んで欲しい)だが今2010年代は終わりを迎え、2020年代が始まろうとしている。そんな時、私は思った。2020年代にはどんな未来の巨匠が現れるのだろう。その問いは新しいもの好きの私の脳みそを刺激する。2010年代のその先を一刻も早く知りたいとそう思ったのだ。

そんな私は、2010年代に作られた短編作品を多く見始めた。いまだ長編を作る前の、いわば大人になる前の雛のような映画作家の中に未来の巨匠は必ず存在すると思ったのだ。そして作品を観るうち、そんな彼らと今のうちから友人関係になれたらどれだけ素敵なことだろうと思いついた。私は観た短編の監督にFacebookを通じて感想メッセージを毎回送った。無視されるかと思いきや、多くの監督たちがメッセージに返信し、友達申請を受理してくれた。その中には、自国の名作について教えてくれたり、逆に日本の最新映画を教えて欲しいと言ってきた人物もいた。こうして何人かとはかなり親密な関係になった。そこである名案が舞い降りてきた。彼らにインタビューして、日本の皆に彼らの存在、そして彼らが作った映画の存在を伝えるのはどうだろう。そう思った瞬間、躊躇っていたら話は終わってしまうと、私は動き出した。つまり、この記事はその結果である。

さて今回インタビューしたのはギリシャ映画界期待の新人コンビであるLida Vartzioti リダ・ヴァルツィオティDimitris Tsakaleas ディミトリス・ツァカレアスだ。彼らの最新短編"Sad Girl Weekend"の主人公はエリという少女、彼女は海外へ留学する2人の親友と最後の週末を過ごすのだが、その中で不満と悲しみが膨れ上がっていく……今作は色とりどりの風景と夢見心地のサウンドを通じて、人生のある時期との別れを描いた作品だ。さらに監督たちは今作によってカルロヴィ・ヴァリ期待の新人監督10組の1組に選ばれるなど、将来を嘱望されている。そんな彼らに今作の成立過程、ギリシャ映画界の現状、そしてヤモリとのコラボレーションについて語ってもらった。ではどうぞ。

vimeo.com

済藤鉄腸(TS):まず何故映画監督になりたいと思ったのですか? どのようにそれを成し遂げましたか?

リダ・ヴァルツィオティ(LV):映画監督になりたかったのは、物語を語る上で映画が最も美しく興味深い方法だったからです。子供の頃から、いつも頭のなかで物語を考えていました。そしてそれを紙に書き始め、私の目を惹くものについてだったら何でも映像にしたり、写真にしたりしたんです。映画監督になることはすぐに成し遂げられるものではありません。多くの過程があり、経験も必要です。何かに挑戦し、失敗し、また挑戦するんです。とはいえ最初の一歩が何かと言えば、それは映画学校に入ろうと決意することでした。

ディミトリス・ツァカレアス(DT):とても小さな頃から、いつも映画を観ていたのを覚えていますし、その経験を気に入っていました。面白いのは映画監督、映画に携わる人物になりたかったのが映画やTV番組(主に「フレンズ」です)の制作フッテージを眺めていて、どれだけ多くの人がそこに関わり楽しそうにしていたからかなんです。私が思うに映画製作とはチームスポーツであり、人々が協力して世界を作り上げることに魅力を感じます。

TS:映画に興味を持ち始めた頃、どんな映画を観ていましたか? 当時のギリシャではどんな映画を観ることができましたか?

LV:思い出せるのはディズニーやピクサー、スタジオ・ジブリ作品を観ていたことです。何度も観た作品の殆どについては今でも内容を暗記しているくらいです。そこに存在する素晴らしい世界、登場人物たちの冒険、幸福や悲しみ、それから彼らが私の目の前でどのように変わっていくのかをを観るのが好きだったんです。

DT:10代向けの作品や青春映画をよく観ていたのを覚えています。例えば「ブレックファスト・クラブ」ハイスクール・ミュージカルなどです。正直に言えば成長するにあたって、アメリカ映画が主な影響元でしたね。主にそういった映画を観ていました。ギリシャ映画を多く観ていたとは思い出せません。自分の興味に近いものだとは思えなかったからです。

TS:あなた方の作品"Sad Girl Weekend"の始まりは何でしょう? 自身の経験、ギリシャのニュース、それとも他の要素でしょうか?

LV&DT:"Sad Girl Weekend"はある時代の終り、新しい始まり、そして人生において常に変わりゆく状況をどうコントロールするかについての物語なんです。

今作について執筆する際、私たちは"本当の"大人への道の入り口にいました。大学を卒業し、自分自身について、それから私たちをめぐる環境、欲望、必要な物、癖や変わりゆく状況について観察する時期にありました。"明日"への不満は徐々に大きくなっていき、未来への思いは今日についての計画へと変わりました。

今作はテッサロニキアリストテレス大学ファイン・アート学部映画学科での卒業制作でした。それ故にここでは主人公エリの物語、つまり親友や学生としての生活に別れを告げなくてはならない寂しい少女の週末についての物語を語ろうと思いました。"Sad Girl Weekend"は私たち自身の大学生活への個人的なさよならでもあります。映画はエリと彼女の親友であるジョーとナターシャを描いています。後者2人は海外に留学することを決めた故に、3人は最後の週末を一緒に過ごすことを決めます。エリは友人と失うこと、これから来たるさよならに対応できずにいるんです。

エリは置いていかれると感じる私たち自身でもあります。彼女の友人たちは人生の新しい段階を始めようとしているのに、エリは未だ同じ状況にあります。"置いていかれること"、悲しみ、そしてさよならに直面して感じる深さに対応できずにいるんです。私たちは今作を、主人公が絶望に打ちひしがれている自分を発見し、何も考えられずに冷静でいられないという青春映画として語ろうと決めました。彼女は新しい状況に対応できず、友人関係もどうなるか分からないのです。

TS:私が感銘を受けたのは映画における軽やかで色とりどりの雰囲気です。3人の魅力的な少女たちの間で、その雰囲気はおもちゃ箱のなかのお伽噺のように展開していきます。撮影監督であるAsimina Dionysopoulou アシミナ・ディオニソプルとともに、この印象深いまでに色とりどりの雰囲気をどう作っていったんでしょう?

LV&DT:Asiminaとは私たちにとって最初の映画"Yawth"から組み始めました。彼女には全幅の信頼があります。まず物語について話し、彼女は脚本執筆の最初の段階から関わってもらいます。なので物語がどう展開するかも熟知しています。この映画においては主だった参照元はありませんが、感情や雰囲気、ある美学(例えば過去から来たポストカードなど)について話しました。

TS:今作の核は3人の魅力的な少女たちです。俳優たちが体現する彼女たちの不安や興奮、不満はとてもリアルなものでした。あなた方はどうやってこの3人の俳優たち、Natasa Exintaveloni ナターシャ・エキンタヴェロニElsa Lekakou エルサ・レカコGeorgina Liossi ヨルイナ・リオッシをどうやって見つけたのでしょう。そしてこの映画に起用した理由もぜひ知りたいです。

LV&DT:彼女たちがこの"Sad Girl Weekend"という物語に命を与えてくれたことほど幸せなことはありません。Georginaとは最初の短編"Yawth"で既に組んでおり、スクリーンでの彼女の存在感に恋に落ちたんです。それからElsaはCristos Massala クリストス・マッサラの有名な短編作品"Copa-Loca"(私たちのお気にいりの1つです)で見かけ、とても魅力的だったんです。それから私たちはNatasaの作品(映画もTV番組もです)を何度も観ていましたが、何よりソーシャル・メディアにおいて彼女が作りあげるキャラクターの大ファンでした。そして彼女が駆使するコメディやユーモアのセンスは私たちの物語に必要だと思ったんです。

TS:今作のもう1人の主人公はヤモリです。ヤモリは主人公の心において重要な役割を果たし、ヤモリに関する昔話も今作には出てきます。そこで興味を抱いたのは、例えばアイスランドにおける馬、日本における狐などのように、ギリシャでヤモリは特別な意味を持っているかということです。それからヤモリにはどうやって稽古をつけたのでしょう?

LV&DT:ヤモリの演技は私たちとしてもとても誇りに思っています(笑)これは才能あるCGIアーティストのAnestis Eralidis アネスティス・エラリディスに作ってもらいました。Anestisとはとても親密に仕事をさせてもらっていて、映画においてリアルに見えるように何度もテストをしたんです。それからギリシャや地中海沿いの国においてヤモリは幸運の象徴として扱われています。しかし特にペリオン、私たちが映画を撮影した場所であり、ディミトリスが子供の頃夏休みを過ごした場所では、とても悪いことへの兆しなんです。少女たちが映画内で話していた神話は、ペリオンに実在する都市伝説なんです。ですからこの都市伝説を使えば、この物語のレベルを新たに上げられると思ったんです。

TS:そして今作で最も魅力的な要素の1つはMelentiniによるサウンドトラックです。彼女の音楽はとても夢見心地なものであり、あなた方の物語に深く没入することができました。あなた方とMelentiniは何度かコラボレートしているようですね。どのようにMelentiniと出会ったんでしょう? 今作で再びコラボしようとした理由は何でしょう?

LV&DT:実際はこの"Sad Girl Weekend"が彼女との初のコラボレーションになります。その後に彼女の新しいMV"Kids of Glam"を監督したんです。私たちは彼女が素晴らしい劇伴を作ったStergios Paschos ステルヨス・パスホスの監督作品"Afterlov"を通じて、その作品に触れました。この作品では彼女と物語や、音楽がどのように物語に作用してほしいかを何度も話しあいました。彼女は"Koritsia se lypi"というメイン曲のアイデアがありましたが、私たちは彼女にやってほしいことは何でもできる自由を与えて、そのメイン曲が完成しました。そして他の曲も作ってくれたという訳です。

TS:ギリシャ映画界の現状はどういったものですか? それはとても良いものに思えます。何故ならヨルゴス・ランティモス以降にも多くの若い才能たちが有名映画祭に現れているからです。しかし内側からだとその現状はどう見えますか?

LV&DT:ギリシャ映画界の現状は最近良くなってきています。ヨルゴス・ランティモスの成功から、どんどん多くの人々がギリシャ映画界はどんな作品を作るのかに興味を持ち始めているんです。それが若い映画作家の可能性を切り開く可能性を与えてくれています。それでもギリシャの最も大きな問題の1つは映画の予算を獲得するための過程であり、そのせいで次回作を作るのにとても時間がかかってしまう訳です。現在のギリシャでは映画作家になるのには忍耐が求められます。映画作家としての目標を叶えるため自分に挑戦し続ける必要があります。

TS:日本のシネフィルがギリシャ映画史について知りたいと思った時、どんな映画を観るべきでしょう? その理由もぜひ教えてください。

LV&DT:ギリシャ映画を理解するために観るべき作品は多くあるので、選ぶのは難しいです。しかし挙げるならテオ・アンゲロプロスPanos Koutras パノス・クトラスAthina Rachel Tsangari アティナ・ラヒル・ツァンガリTonia Marketaki トニア・マルケタキDennis Iliadis デニス・イリアディス、それからリストはまだ続きます! 難しすぎる質問ですね、これは。

TS:もし1作だけ好きなギリシャ映画を選ぶなら、どの映画を選びますか。その理由もぜひ知りたいです。個人的な思い出がありますか?

LV:今パッと頭に思い浮かぶのはArgyris Papadimitropoulos アルギリス・パパディミトロプロス"Suntan"でしょうか。今作をギリシャの映画館で観たのは冬だったんですが、舞台は夏の小島だったんです。もし自分もこの島にいて、あの熱波を感じられたらと考えると、観ながら興奮しました。現実では冬の冷たい雨が降っていましたが、私の頭のなかは未だに夏だったんです。

DT:私にとってはAthina Rachel Tsangari「ストロングマンですね。予告がネットに流れた時から、ずっと観たいと思ってたんです。もう暗記できるくらい観ましたね。それからテッサロニキ映画祭で今作を観ましたが、どれだけそれに興奮していたか、監督が脚本家のEfthymis Filippou エフティミス・フィリップとともに素晴らしいコメディを作ったか覚えています。そして俳優たちととのコラボレーションも魅力的でしたね。

TS:新しい短編、もしくは長編を作る予定はありますか? もしあるなら、どうぞ日本の読者に教えてください。

LV&DT:今は次の短編を作るため予算を集めています。Uncool三部作の最終作です("Yawth""Sad Girl Weekend"は最初の2作でした)それから初めての長編作品も計画しています。とてもクールな要素がそろっていますが、今はまだ語れません!

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20200621223607p:plain