鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Pablo Alvarez-Mesa&“Bicentenario”/コロンビア、独立より200年の後

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20211214010157j:plain

2019年はコロンビアがスペインから独立して200年という記念の年であり、コロンビア各地で独立を祝う式典が開催された。そこでその立役者として式典の中心にいた人物がシモン・ボリバルだった。“南アメリカ解放の父”と称されるラテンアメリカ独立運動の指導者であり、彼はコロンビア含めベネズエラエクアドルボリビア、ペルーの独立を達成した英雄だ。さて今回は彼と独立を祝す式典を舞台とした中編ドキュメンタリー作品がPablo Alvarez-Mesa パブロ・アルバレス=メサ監督作“Bicentenario”だ。

彼の瞳が見据える先は各地で行われる式典に広がっていた風景だ。豊かな自然に包まれたのどかな牧畜風景、素朴な家々が並ぶ住宅街、その合間を練り歩くのはコロンビア国旗を持った町民たちだ。彼らは晴れやかな表情を浮かべながら、堂々と道を歩いていく。その楽しげな風景は、観客の目にも微笑ましく映るかもしれない。

そして式典のために、人々は町の広場に集まる訳であるが、そこで興奮はさらなる高まりを見せる。家族みな揃ってボリバル銅像の前で記念写真を撮ったり、群衆のなかには銅像そっくりの軍服を着ている者たちもいる。つまりはボリバルのコスプレをしている訳だ。コロンビアにおいて独立はこのようにして祝われるのかと、日本に住む私たちは思わされるだろう。

だが映画に何か不気味な雰囲気が漂い始めるのも感じるはずだ。群衆の前には軍服を纏った、実際の軍人たちも現れて、指導者らしき人物が高らかなスピーチを始める。独立に関わった全ての人、中でもボリバルの勇気を湛える言葉が叫ばれて、独立を言祝いでいく。群衆や周囲の軍人たちよりも、彼自身が自分のスピーチに酔っているがごとき熱狂が現れる。だがその熱狂は伝染していくのだ。

監督はこれを距離を常に取りながら見据えるのだが、ここに不信を抱いているのは明らかだろう。映画内において最も際立つのが他ならぬ黄・青・赤のコロンビア国旗だ。彼はコロンビアの各都市で撮影を行っているのだが、どの都市も国旗で埋め尽くされている。人々が国旗を振り、ベランダに国旗が飾られ、時にはビルの表面にネオンとして三色旗が浮かびあがるのだ。こうして都市を埋め尽くす国旗の裏側に、監督は不穏な何かを見出だしている。

この意味で冒頭に据えられる映像は象徴的なものだ。古びた映像に現れるのは1985年に起こったコロンビア最高裁占拠事件だ。左派ゲリラ組織4月19日運動(M-419)と軍が銃撃戦を繰り広げ、それを実況する逼迫した音声が観客の耳にも届く。銃撃戦の後には、建物で火災が激発することとなる。軍は容疑者を全員射殺、しかし銃撃戦と火災によって人質も多く亡くなるという悲惨な結果となった。この後に続く独立記念の風景は、それから約30年後の風景と言えるだろう。2019年時点で既に、この地域最大のテロ組織であるコロンビア革命軍(FARC)は政府と内戦終結で合意、テロの時代は過ぎたように思われる。だがその後で来たのが、ここに示唆される愛国者たちの凱歌だとするなら?

“Bicentenario”という作品が見据えるのは、コロンビアの現在だ。ボリバルの偉業によって達成された自由が、国民に愛国心を植えつけるために利用され、この国は不気味な方向へと舵を切っていく。そしてそんな風景には血塗られた歴史そのものが凝縮されている。この不穏さには圧倒されるしかない。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20211214010232j:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その431 Ismail Safarali&"Sessizlik Denizi"/アゼルバイジャン、4つの風景
その432 Ruxandra Ghitescu&"Otto barbarul"/ルーマニア、青春のこの悲壮と絶望
その433 Eugen Jebeleanu&"Câmp de maci"/ルーマニア、ゲイとして生きることの絶望
その434 Morteza Farshbaf&"Tooman"/春夏秋冬、賭博師の生き様
その435 Jurgis Matulevičius&"Izaokas"/リトアニア、ここに在るは虐殺の歴史
その436 Alfonso Morgan-Terrero&"Verde"/ドミニカ共和国、紡がれる現代の神話
その437 Alejandro Guzman Alvarez&"Estanislao"/メキシコ、怪物が闇を彷徨う
その438 Jo Sol&"Armugan"/私の肉体が、物語を紡ぐ
その439 Ulla Heikkilä&"Eden"/フィンランドとキリスト教の現在
その440 Farkhat Sharipov&"18 kHz"/カザフスタン、ここからはもう戻れない
その441 Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還
その442 済藤鉄腸の2020年映画ベスト!
その443 Critics and Filmmakers Poll 2020 in Z-SQUAD!!!!!
その444 何物も心の外には存在しない~Interview with Noah Buschel
その445 Chloé Mazlo&"Sous le ciel d'Alice"/レバノン、この国を愛すること
その446 Marija Stonytė&"Gentle Soldiers"/リトアニア、女性兵士たちが見据える未来
その447 オランダ映画界、謎のエロ伝道師「処女シルビア・クリステル/初体験」
その448 Iuli Gerbase&"A nuvem rosa"/コロナ禍の時代、10年後20年後
その449 Norika Sefa&"Në kërkim të Venerës"/コソボ、解放を求める少女たち
その450 Alvaro Gurrea&"Mbah jhiwo"/インドネシア、ウシン人たちの祈り
その451 Ernar Nurgaliev&"Sweetie, You Won't Believe It"/カザフスタン、もっと血みどろになってけ!
その452 Núria Frigola&"El canto de las mariposas"/ウイトトの血と白鷺の記憶
その453 Andrija Mugoša&"Praskozorje"/モンテネグロ、そこに在る孤独
その454 Samir Karahoda&"Pe vand"/コソボ、生きられている建築
その455 Alina Grigore&"Blue Moon"/被害者と加害者、危うい領域
その456 Alex Pintică&"Trecut de ora 8"/歌って踊って、フェリチターリ!
その457 Ekaterina Selenkina&“Detours”/モスクワ、都市生活者の孤独
その458 Barbora Sliepková&“Čiary”/ブラチスラヴァ、線という驚異
その459 Laurynas Bareiša&“Piligrimai”/巡礼者たち、亡霊たち
その460 Romas Zabarauskas&“Advokatas”/リトアニア、特権のその先へと
その461 Hannah Marks&“Mark, Mary & Some Other People”/ノン・モノガミーについて考える
その462 Zvonimir Grujić&“Pomoz bog”/モンテネグロ、お金がない!
その463 Marinos Kartikkis&“Senior Citizen”/キプロス、老いの先に救いはあるか?
その464 Agustín Banchero&"Las vacaciones de Hilda"/短い夏、長い孤独
その465 Elitza Gueorguieva&“Un endroit silencieux”/別の言葉で書くということ
その466 Azer Guliev&“Tengnefes”/アゼルバイジャン、肉体のこの苦痛
その467 Dušan Kasalica&“Elegija lovora”/モンテネグロ、知と特権と祝福と
その468 Damien Hauser&“Blind Love”/ケニアのロマコメは一味違う!
その469 Emilio Silva Torres&“Directamente para video”/ウルグアイ VHS Z級映画 そして
その470 Angeliki Papoulia&“Patchwork”/彼女が内に秘めたる炎
その471 Juan Pablo Richter&“98 segundos sin sombra”/ボリビア、このクソみたいな世界で