鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Iuli Gerbase&"A nuvem rosa"/コロナ禍の時代、10年後20年後

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20210223102949p:plain

さて、世界中の誰もがこのコロナ禍によって未曽有の状況に追いこまれている。容易く人とは会えなくなり、部屋に閉じこもらざるを得ない閉塞した状況は一体いつまで続くのだろうか。そんな苦悩を抱えている人々は今回紹介する映画を観るべきではないかもしれない。何故ならブラジル映画界の新鋭Iuli Gerbaseによるデビュー長編"A nuvem rosa"は否応なしに私たちの現実と共鳴し、その陰鬱たる未来を見据えた映画だからだ。

主人公は2人の男女ジョヴァンナとヤゴ(Renata de Lélis&Eduardo Mendonça)だ。彼女たちは人目を盗んで情事に耽っていたのだが、あくる朝桃色の雲が都市を満たし始め、部屋に閉じこもらざるを得なくなる。ニュースによれば雲は人体に頗る有害であり、これが消えるまでは外出は許可されていないという。そういった事情で、ジョヴァンナたちはしばらく寝食を共にすることとなる。

まず描かれるのは2人の新しい生活の風景だ。最初、彼女たちはこの奇妙な状況を楽しむ素振りすら見せる。2人だけの空間で食事を楽しみ、ヨガで身体の疲れを癒していき、そしてソファーの上でセックスをしながら互いの肌に触れあう。しばらくの間この緩やかな風景の数々はユートピア的光景にすら見えるかもしれない。

だが時が経つにつれて状況は刻一刻と変貌を遂げていく。なし崩しの生活を送っていたジョヴァンナはなし崩しに妊娠をし、中絶も不可能ゆえになし崩しに出産をし、息子であるリドを加えて、ジョヴァンナとヤゴはなし崩し的に家族という関係性に陥ることとなる。

このいつの間にかなし崩し的に進んでいく時間というものが"A nuvem rosa"という映画の鍵かもしれない。そのあまりの呆気なさに、ある者はどんな状況にも順応してしまう人間の強かさを見るかもしれないし、ある者は1つの異常事態によって失われてしまった喜び――例えば誰かに会いにいくこと、どこか遠い場所へ旅すること――への郷愁を見出すかもしれない。

絶妙な演出の数々もそういった観客の思索を深く刺激していく。撮影監督であるBruno Polidoroが捉える風景には常に桃色の影が付きまとい、それは登場人物によって脅威でありながらも、観客の網膜にとってはある種の詩情として揺蕩っていく。より重要なのはVicente Morenoによる編集であり、彼によって紡がれる断片的な時の流れは不気味な省略へと変貌していき、ジョヴァンナとヤゴの時間は恐ろしいほど速く過ぎ去っていってしまう。生の享楽、家族という関係性への遭難、子供の急速な成長、そして少しずつ迫る死の存在。この残酷な流れがいとも容易くここでは提示されるのだ。

Polidoroの編集が象徴しているが、今作の強みはこの終らない閉塞を10年20年単位で描きだしていることだろう。最近コロナ禍に直接対峙した作品が多く現れているが、それらがかなり小局的な視点からその閉塞感を描いている一方で、今作はもっと長いスパンを以て極限状況における人間心理の推移を描きだしているのだ。おそらくこれは今作がコロナ禍とは全く関係ない状況から作られたから成し遂げられたのもあるだろう。映画の冒頭に"今作の脚本は2017年に執筆され、撮影は2019年に行われました。ゆえに現在の状況と重なる点があるのは全く偶然です"という字幕が現れる。現在正に起こっていることに対して、10年20年後の未来を射程に入れながら物語を紡ぐというのはとても困難なことだろう。今ここに危機的状況があるのに、そのずっと先を見据えろというのも酷な話だ。その限界を"A nuvem rosa"は作り手自身が全く関知しないところで乗り越えており、全くの偶然からコロナ禍の現状とその遠い未来までもを何より奇妙に反映する作品となってしまったのだ。

前述したが、この作品の予期せぬ側面ゆえにコロナ禍における未来に懸念を抱いている人々は今作を観るべきではないと感じさせる。今作には観ながら"もしこのコロナ禍がこのままずっと続くとしたら……"と考えさせ、人々を際限ない憂鬱と恐怖へと追いこんでいく恐るべき力が確かに存在しているからだ。

今作はほぼカップル役のRenata de LélisEduardo Mendonçaの2人芝居から構成されている。どちらの演技も素晴らしいの一言だが、更に際立っているのはジョヴァンナ役のLélisの存在感だ。この状況の中で彼女の考えは様々に変化していく。最初は子供を持つなど最低だと切り捨てていたのに、なし崩し的に妊娠と出産を経験させられ、母として息子を育てざるを得なくなる。そしていつ終わるとも知れぬ閉塞の中で現実を直視することも不可能になっていき、VRの世界へ逃げこみ始める。この劇的な考えの変貌の流れへ、Lélisは確かな演技力を以て迫真性を与える。これが私たちの人生への思索を更に深いものとしてくれるのだ。

"A nuvem rosa"は偶然によって、壮絶なまでにコロナウイルスによって歪められたこの現代と共鳴することとなってしまった映画だ。現実と芸術というものは相互関係にあり、いつであっても互いに絶え間ない影響を与え続けるが、この芸術作品はその影響下すら越えて、突き抜けたのだ。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20210223102648p:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その411 ロカルノ2020、Neo Soraと平井敦士
その412 Octav Chelaru&"Statul paralel"/ルーマニア、何者かになるために
その413 Shahram Mokri&"Careless Crime"/イラン、炎上するスクリーンに
その414 Ahmad Bahrami&"The Wasteland"/イラン、変わらぬものなど何もない
その415 Azra Deniz Okyay&"Hayaletler"/イスタンブール、不安と戦う者たち
その416 Adilkhan Yerzhanov&"Yellow Cat"/カザフスタン、映画へのこの愛
その417 Hilal Baydarov&"Səpələnmiş ölümlər arasında"/映画の2020年代が幕を開ける
その418 Ru Hasanov&"The Island Within"/アゼルバイジャン、心の彷徨い
その419 More Raça&"Galaktika E Andromedës"/コソボに生きることの深き苦難
その420 Visar Morina&"Exil"/コソボ移民たちの、この受難を
その421 「半沢直樹」 とマスード・キミアイ、そして白色革命の時代
その422 Desiree Akhavan&"The Bisexual"/バイセクシャルととして生きるということ
その423 Nora Martirosyan&"Si le vent tombe"/ナゴルノ・カラバフ、私たちの生きる場所
その424 Horvát Lili&"Felkészülés meghatározatlan ideig tartó együttlétre"/一目見たことの激情と残酷
その425 Ameen Nayfeh&"200 Meters"/パレスチナ、200mという大いなる隔たり
その426 Esther Rots&"Retrospekt"/女と女、運命的な相互不理解
その427 Pavol Pekarčík&"Hluché dni"/スロヴァキア、ロマたちの日々
その428 Anna Cazenave Cambet&"De l'or pour les chiens"/夏の旅、人を愛することを知る
その429 David Perez Sañudo&"Ane"/バスク、激動の歴史と母娘の運命
その430 Paúl Venegas&"Vacio"/エクアドル、中国系移民たちの孤独
その431 Ismail Safarali&"Sessizlik Denizi"/アゼルバイジャン、4つの風景
その432 Ruxandra Ghitescu&"Otto barbarul"/ルーマニア、青春のこの悲壮と絶望
その433 Eugen Jebeleanu&"Câmp de maci"/ルーマニア、ゲイとして生きることの絶望
その434 Morteza Farshbaf&"Tooman"/春夏秋冬、賭博師の生き様
その435 Jurgis Matulevičius&"Izaokas"/リトアニア、ここに在るは虐殺の歴史
その436 Alfonso Morgan-Terrero&"Verde"/ドミニカ共和国、紡がれる現代の神話
その437 Alejandro Guzman Alvarez&"Estanislao"/メキシコ、怪物が闇を彷徨う
その438 Jo Sol&"Armugan"/私の肉体が、物語を紡ぐ
その439 Ulla Heikkilä&"Eden"/フィンランドとキリスト教の現在
その440 Farkhat Sharipov&"18 kHz"/カザフスタン、ここからはもう戻れない
その441 Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還
その442 済藤鉄腸の2020年映画ベスト!
その443 Critics and Filmmakers Poll 2020 in Z-SQUAD!!!!!
その444 何物も心の外には存在しない~Interview with Noah Buschel
その445 Chloé Mazlo&"Sous le ciel d'Alice"/レバノン、この国を愛すること
その446 Marija Stonytė&"Gentle Soldiers"/リトアニア、女性兵士たちが見据える未来
その447 オランダ映画界、謎のエロ伝道師「処女シルビア・クリステル/初体験」
その448 Iuli Gerbase&"A nuvem rosa"/コロナ禍の時代、10年後20年後