鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20201218124532p:plain

いわゆる"放蕩息子の帰還"というべき作品は映画に限らずあらゆる芸術で何度も何度も語られているだろう。そしてそういった作品を何度も何度も私たちが楽しめるのは、文化や言語の違いがこの普遍的な物語に異なる感触を与えるからだ。今回紹介する"放蕩息子の帰還"映画はエストニアからやってきた1作、この国の新人作家Janno Jürgensによる長編デビュー作"Rain"である。

今作の主人公は12歳の少年アッツ(Marcus Borkmann)である。彼の両親であるマリュとカリュ(Laine Mägi&Rein Oja)の心は既に離れ離れであり、ゆえに家族関係もバラバラな状態が続いている。そんなある日家にやってきたのはアッツの年の離れた兄ライン(Indrek Ojari)だった。彼は家の地下室に居座り始め、その姿をアッツは遠くから眺めることになる。

アッツにとって兄はほとんど謎の存在だ。フラフラと外出するかと思えば地下室でドラムを洒脱に叩いたり、しかしいつだって酒を暴飲している。知らなかった兄の様々な側面を目の当たりにするうち、アッツは不信感と好奇心の両方を抱くことになる。しかしうまく兄と交流することがアッツにはできないのだった。そしてアッツ含め他の家族もまた奇妙な状況に追いこまれている。アッツは親友である少年ともう1人、出会ったばかりの少女に淡い思いを抱いており、これをどう表現していいか分からないでいる。母のマリュは職場の若い同僚に恋心を持っており、彼の心に少しずつ近づいていく。カリュは日々の不満を激しい賭けボクシングで発散しており、そのせいで身体はボロボロに傷ついていくのだ。

登場人物たちのどこか奇妙な境遇と性格の数々は、特にアメリカ映画的な感触を宿しているが、今作ににはどこか深い侘しさが付きまとっている。その印象を強めるのは撮影監督Erik Põllumaaが抱えるカメラに映し出されるエストニアの寒々しい風景の数々だろう。どこまでも真っ白な雪に包まれた世界は心に寒風を吹かせ、夏の海にすらもどこか冷たさを感じさせる。この凍てつきの風景はバルト海的な独特さのように思える。

そしてこの侘しさのなかで誰も彼もが孤独なのである。家族こそが彼らの居場所であるべきだと彼ら自身思っているのに、そこが居場所にならない現状に呆然とし、彼らの心は彷徨うことになってしまうのだ。そんななかでラインは謎めいた女性アレクサンドラ(Magdalena Poplawska)と出会い、急速にその仲は深まっていく。しかし彼女にはある秘密があった。

物語は丹念で、かつ繊細な筆致で以て人々の抱える孤独というものを描きだしていく。そこには私たちも時おり感じてしまうだろう、人生のままならなさというものが宿っている。何で自分はこんな目にあってる、人生こんなことになるはずじゃなかったのに。この思いは当然言葉にされることはない、みなこの思いを必死に押しとどめながら日々を生きているからだ。だが監督は物言わぬ人々の表情や挙手挙動の中にこそ静かに浮かぶ思いを、スクリーンに焼きつけていく。

これを支えるのが俳優たちの確かな演技の数々だ。特にLaine MägiRein Ojaといったエストニアの名優に囲まれながら、力強い演技を見せてくれるアッツ役のMarcus Borkmannの存在感は印象的だ。顔にいつだって不安を浮かべながらも、周りの人々の姿を観察し、自分なりに人生へと考えを巡らす。そして兄であるレインとの距離を近づけていくなかで、自分だけの答えを見つけていく。そんなアッツをBorkmannは美しく演じていく。

"Rain"が語るのは、家族という概念は不完全なものであり、ある意味で家族こそが孤独そのものからできているということだ。だがそうして虚無に陥るのは時期尚早だろう。この孤独について知ることでこそ、人と人とが分かりあえる瞬間というものが存在する。ラインはそのために家族の許へと舞い戻ったのかもしれない。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20201218124238p:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その401 Jodie Mack&"The Grand Bizarre"/極彩色とともに旅をする
その402 Asli Özge&"Auf einmal"/悍ましき男性性の行く末
その403 Luciana Mazeto&"Irmã"/姉と妹、世界の果てで
その404 Savaş Cevi&"Kopfplatzen"/私の生が誰かを傷つける時
その405 Ismet Sijarina&"Nëntor i ftohtë"/コソボに生きる、この苦難
その406 Lachezar Avramov&"A Picture with Yuki"/交わる日本とブルガリア
その407 Martin Turk&"Ne pozabi dihati"/この切なさに、息をするのを忘れないように
その408 Isabel Sandoval&"Lingua Franca"/アメリカ、希望とも絶望ともつかぬ場所
その409 Nicolás Pereda&"Fauna"/2つの物語が重なりあって
その410 Oliver Hermanus&"Moffie"/南アフリカ、その寂しげな視線
その411 ロカルノ2020、Neo Soraと平井敦士
その412 Octav Chelaru&"Statul paralel"/ルーマニア、何者かになるために
その413 Shahram Mokri&"Careless Crime"/イラン、炎上するスクリーンに
その414 Ahmad Bahrami&"The Wasteland"/イラン、変わらぬものなど何もない
その415 Azra Deniz Okyay&"Hayaletler"/イスタンブール、不安と戦う者たち
その416 Adilkhan Yerzhanov&"Yellow Cat"/カザフスタン、映画へのこの愛
その417 Hilal Baydarov&"Səpələnmiş ölümlər arasında"/映画の2020年代が幕を開ける
その418 Ru Hasanov&"The Island Within"/アゼルバイジャン、心の彷徨い
その419 More Raça&"Galaktika E Andromedës"/コソボに生きることの深き苦難
その420 Visar Morina&"Exil"/コソボ移民たちの、この受難を
その421 「半沢直樹」 とマスード・キミアイ、そして白色革命の時代
その422 Desiree Akhavan&"The Bisexual"/バイセクシャルととして生きるということ
その423 Nora Martirosyan&"Si le vent tombe"/ナゴルノ・カラバフ、私たちの生きる場所
その424 Horvát Lili&"Felkészülés meghatározatlan ideig tartó együttlétre"/一目見たことの激情と残酷
その425 Ameen Nayfeh&"200 Meters"/パレスチナ、200mという大いなる隔たり
その426 Esther Rots&"Retrospekt"/女と女、運命的な相互不理解
その427 Pavol Pekarčík&"Hluché dni"/スロヴァキア、ロマたちの日々
その428 Anna Cazenave Cambet&"De l'or pour les chiens"/夏の旅、人を愛することを知る
その429 David Perez Sañudo&"Ane"/バスク、激動の歴史と母娘の運命
その430 Paúl Venegas&"Vacio"/エクアドル、中国系移民たちの孤独
その431 Ismail Safarali&"Sessizlik Denizi"/アゼルバイジャン、4つの風景
その432 Ruxandra Ghitescu&"Otto barbarul"/ルーマニア、青春のこの悲壮と絶望
その433 Eugen Jebeleanu&"Câmp de maci"/ルーマニア、ゲイとして生きることの絶望
その434 Morteza Farshbaf&"Tooman"/春夏秋冬、賭博師の生き様
その435 Jurgis Matulevičius&"Izaokas"/リトアニア、ここに在るは虐殺の歴史
その436 Alfonso Morgan-Terrero&"Verde"/ドミニカ共和国、紡がれる現代の神話
その437 Alejandro Guzman Alvarez&"Estanislao"/メキシコ、怪物が闇を彷徨う
その438 Jo Sol&"Armugan"/私の肉体が、物語を紡ぐ
その439 Ulla Heikkilä&"Eden"/フィンランドとキリスト教の現在
その440 Farkhat Sharipov&"18 kHz"/カザフスタン、ここからはもう戻れない
その441 Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還
その442 済藤鉄腸の2020年映画ベスト!
その443 Critics and Filmmakers Poll 2020 in Z-SQUAD!!!!!
その444 何物も心の外には存在しない~Interview with Noah Buschel