鉄腸野郎Z-SQUAD!!!!!

映画痴れ者/ライター済藤鉄腸のブログ。日本では全く観ることができない未公開映画について書いてます。お仕事の依頼は 0910gregarious@gmail.com へ

Andrija Mugoša&"Praskozorje"/モンテネグロ、そこに在る孤独

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20210830151020p:plain

今、個人的にマジにモンテネグロがアツい。以前からモンテネグロには注目しており、この鉄腸マガジンでも何作かレビューを書いたり、モンテネグロ映画批評家にインタビューを行っていたりはした。そしてつい先日、Svetlana Kana Radević スヴェトラーナ・カナ・ラデヴィチという、70年代に黒川紀章の東京のアトリエで働いていた建築家モンテネグロ人の存在を知り、俄然モンテネグロが近くなった。これをきっかけにモンテネグロ映画史を様々な面から検証しており、新世代の作家にも興味が湧いている。という訳でいつもながら監督たちに"モンテネグロ映画大好きです、あなたの映画もぜひ観たいです!"と直談判し、嬉しいことに見せてくれる監督いるんですよ、これが。今回はそんな流れで触れた1作、モンテネグロ映画界の新鋭Andrija Mugoša アンドリヤ・ムゴシャの短編"Praskozorje"を紹介していこう。

主人公はマリヤ(Milica Šćepanović ミリツァ・シュチェパノヴィチ)という若い女性だ。彼女はモンテネグロ北部の山間部で、両親とともに暮らしている。彼女の日常は料理や洗濯など日々の雑事だけで終ってしまう平坦なものでありながら、その裏側にはある秘密が隠されていた。

まず監督はマリヤの日常の風景を丹念に描きだしていく。台所で料理を作る、両親と野原で日光浴をする、群青色の闇に包まれながら眠りにつく。そういった日常の親密な時間の数々が浮かんでは消えていく。撮影監督であるIvan Cojbasic イヴァン・コイバシチはクロースアップを駆使しながら、その空気感をもレンズに焼きつけていく。

だが逆に彼女たちを取り囲む自然は息を呑むほどに壮大だ。豊穣なる緑が広がる山間の土地、ここには存在する全てを優しく抱擁するような雰囲気が満ちている。そこで際立つのは"黒い山"の存在だ。野原で心を落ち着けるマリヤ、その背後には山が聳え立っているが、影に包まれてそれは黒く染まる。この国の名前はヴェネト語でモンテネグロモンテネグロ語でツルナゴーラというが、両方とも"黒い山"を意味している。正にこれが実際の壮大な風景として映画には現れるのだ。

この日常を映すクロースアップと、モンテネグロの自然を捉えるロングショット、この2つを行きかうダイナミクスが今作の要ともなっている。ここにおいて先述したIvan Cojbasicの存在感は絶大なものだ。彼の技術を初めて体感したのは、2020年のサラエボ映画祭で観たモンテネグロ映画"Velika dostignuca"だった。精神病院を舞台としたこのダーク・コメディは間というものを大事にしており、彼は固定長回しを多用し、時間の流れを大胆に切り取ってみせることで、絶妙な間の笑いを醸造してみせた。今作では距離感を自在に操りながら、モンテネグロの日常へ親密さと崇高の両方を観客に齎すという技を行っている。

そして夜、マリヤは山を下り、町へと赴く。そこで何をするかといえば酒場で男を誘惑し、セックスするのだ。それは自身の肉体を傷つける行為にしか見えず、頗る悲痛に映る。この哀しみの核が主演のMilica Šćepanovićの存在感だ。最新のモンテネグロ映画を観ると必ずといっていいほど顔を見る俳優だが、その人気ぶりも頷けるほど纏う空気感は印象的だ。彼女は拭い難い孤独そのものとして、この映画に在るのだ。

以前、今作に関しては監督のAndrija Mugošaインタビューを行ったので、ぜひそちらを読んで欲しい。そして今年は2本の新作を既に制作済みで、そのうちの1本である"Ječam žela"サラエボ映画祭でプレミア上映され、話題を博した。ということでMugoša監督の今後に期待。

f:id:razzmatazzrazzledazzle:20210830151456p:plain

私の好きな監督・俳優シリーズ
その411 ロカルノ2020、Neo Soraと平井敦士
その412 Octav Chelaru&"Statul paralel"/ルーマニア、何者かになるために
その413 Shahram Mokri&"Careless Crime"/イラン、炎上するスクリーンに
その414 Ahmad Bahrami&"The Wasteland"/イラン、変わらぬものなど何もない
その415 Azra Deniz Okyay&"Hayaletler"/イスタンブール、不安と戦う者たち
その416 Adilkhan Yerzhanov&"Yellow Cat"/カザフスタン、映画へのこの愛
その417 Hilal Baydarov&"Səpələnmiş ölümlər arasında"/映画の2020年代が幕を開ける
その418 Ru Hasanov&"The Island Within"/アゼルバイジャン、心の彷徨い
その419 More Raça&"Galaktika E Andromedës"/コソボに生きることの深き苦難
その420 Visar Morina&"Exil"/コソボ移民たちの、この受難を
その421 「半沢直樹」 とマスード・キミアイ、そして白色革命の時代
その422 Desiree Akhavan&"The Bisexual"/バイセクシャルととして生きるということ
その423 Nora Martirosyan&"Si le vent tombe"/ナゴルノ・カラバフ、私たちの生きる場所
その424 Horvát Lili&"Felkészülés meghatározatlan ideig tartó együttlétre"/一目見たことの激情と残酷
その425 Ameen Nayfeh&"200 Meters"/パレスチナ、200mという大いなる隔たり
その426 Esther Rots&"Retrospekt"/女と女、運命的な相互不理解
その427 Pavol Pekarčík&"Hluché dni"/スロヴァキア、ロマたちの日々
その428 Anna Cazenave Cambet&"De l'or pour les chiens"/夏の旅、人を愛することを知る
その429 David Perez Sañudo&"Ane"/バスク、激動の歴史と母娘の運命
その430 Paúl Venegas&"Vacio"/エクアドル、中国系移民たちの孤独
その431 Ismail Safarali&"Sessizlik Denizi"/アゼルバイジャン、4つの風景
その432 Ruxandra Ghitescu&"Otto barbarul"/ルーマニア、青春のこの悲壮と絶望
その433 Eugen Jebeleanu&"Câmp de maci"/ルーマニア、ゲイとして生きることの絶望
その434 Morteza Farshbaf&"Tooman"/春夏秋冬、賭博師の生き様
その435 Jurgis Matulevičius&"Izaokas"/リトアニア、ここに在るは虐殺の歴史
その436 Alfonso Morgan-Terrero&"Verde"/ドミニカ共和国、紡がれる現代の神話
その437 Alejandro Guzman Alvarez&"Estanislao"/メキシコ、怪物が闇を彷徨う
その438 Jo Sol&"Armugan"/私の肉体が、物語を紡ぐ
その439 Ulla Heikkilä&"Eden"/フィンランドとキリスト教の現在
その440 Farkhat Sharipov&"18 kHz"/カザフスタン、ここからはもう戻れない
その441 Janno Jürgens&"Rain"/エストニア、放蕩息子の帰還
その442 済藤鉄腸の2020年映画ベスト!
その443 Critics and Filmmakers Poll 2020 in Z-SQUAD!!!!!
その444 何物も心の外には存在しない~Interview with Noah Buschel
その445 Chloé Mazlo&"Sous le ciel d'Alice"/レバノン、この国を愛すること
その446 Marija Stonytė&"Gentle Soldiers"/リトアニア、女性兵士たちが見据える未来
その447 オランダ映画界、謎のエロ伝道師「処女シルビア・クリステル/初体験」
その448 Iuli Gerbase&"A nuvem rosa"/コロナ禍の時代、10年後20年後
その449 Norika Sefa&"Në kërkim të Venerës"/コソボ、解放を求める少女たち
その450 Alvaro Gurrea&"Mbah jhiwo"/インドネシア、ウシン人たちの祈り
その451 Ernar Nurgaliev&"Sweetie, You Won't Believe It"/カザフスタン、もっと血みどろになってけ!
その452 Núria Frigola&"El canto de las mariposas"/ウイトトの血と白鷺の記憶